弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

このまま仮想通貨はなくなるのか

2018/02/09(金) 01:23:00

〈国際決済手段の進化の時期〉

私は、卒業論文のテーマは電子マネーになっていたかもしれないくらい、10年前には電子マネーの可能性を信じていた。(2000円札よりも可能性はあったかもしれないが。)
数年で、一枚の電子マネーのカード(あるいは携帯電話)があれば、世界の地下鉄やコンビニで決済が可能になると思っていた。日本の技術が、世界で活用されると信じていた。

しかし、決済の進化のスピードは、通信やIT技術の進化よりも遅い。


「apple pay」などの決済サービスは生まれてきているが、一枚の電子マネーがあれば、世界中で買い物ができる状況にはほど遠い状況である。

仮想通貨は、各国の規制などを吹っ飛ばすものとして、期待している人々が多いのであろう。

私はこれほど仮想通貨が世間の話題に取り上げられるとは思っていなかったが。


〈仮想通貨はITバブルと同じ運命をたどるのか〉

2000年初頭に弾けたITバブルを思い出せば、90年代終盤から00年代初頭にかけて収益を生み出していないIT企業の株価が、うなぎ登りに上がっていた。
しかし、ITバブルが弾けた後も、日本ヤフーやマイクロソフトなどのIT企業は、その後20年間生き続けて、現在の時価総額は数兆~数十兆円にもなっている。2000年頃には、収益を伴わない株価をつけていたとしても、20年後には収益の拡大が追い付いて、現在ではITバブルの時よりも時価総額が増えている企業があるということだ。

仮想通貨の中にも、競争を勝ち抜いて、現在の価格よりも高値がついている仮想通貨も将来的には存在しているかもしれない。

しかし、ITバブルを教訓とすれば、勝ち組が負け組から成果を総取りするくらいに、仮想通貨も多くの人が損する可能性がある。


〈多数の仮想通貨とそれぞれの理念〉

仮想通貨の発行理念が重要になってくる可能性がある。

仮想通貨の鋳造益を普及のための広報費などに充当する通貨もあるようだし、個人の決済手数料は無料にして、法人間取引のみに手数料を徴収する仮想通貨も出現するだろう。
Googleは、広告主の検索結果を上位に表示することを排除して、独自のアルゴリズムにより公平に検索結果を表示させようとしたし、利用者のために無料で地図ソフトの提供も行っている。
中国のアリペイは、中国でクレジットカードの普及が遅れていたこともあり、ウェブ上の信用決済手段として生み出された側面がある。不正使用には、補償することを確約して、信用を徐々に得てきた。近年では決済手数料が安いということで、リアル店舗でも急速に小口決済の使用が増えている。

ビザやマスターカードのように、世界中で機能する決済システムを普及できれば、数十兆円の時価総額がある企業になる。

世界標準となる仮想通貨の初期に投資すれば、莫大なリターンが得られても決しておかしくはない。



〈決済手段としての仮想通貨と為替制度の革命〉

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれるネットワークを利用したシステムを利用する。いわば決済のクラウド化をする。セキュリティを強固にするという条件をつければ、クラウド化すれば、任意のサーバーを使用するので、専用のサーバーを使用するよりも費用は安くなる。


いくら決済手数料が安いとは言っても、価値が日々大きく変動する仮想通貨で決済していては、直感的に利用しにくい。

しかし、為替の変動幅に限りなく近似していけば、仮想通貨で決済するメリットがでてくる可能性がある。為替の変動幅に近似させるには、通貨バスケット制度に近い制度になるだろう。中央銀行同士が巨額の資金を拠出して仮想通貨の価値を裏づけを与えることで、価値の変動は為替変動に限りなく近づく可能性がある。

仮想通貨の決済手数料が限りなくゼロになれば、裁定取引の手数料は限りなくゼロになるので、為替の変動に応じて、仮想通貨の価値も変動するはずである。

野口(2014)によれば、決済中に仮想通貨の価値が上下する問題に対して、オプション取引を利用すればよいと言っている。


一方で、固定為替制度の国は仮想通貨の取引を押さえ込まないと、固定為替制度が崩壊する可能性が高い。国が通貨の価値に著しく介入すれば、仮想通貨を通じた為替取引で、通貨の一方的な売りや買いを仕掛けることができてしまう。野口(2014)によれば、「規制と監視が必要」なのは、仮想通貨ではなく、国の通貨だとまで言及している。


仮想通貨には、中央銀行が参加することが自然なようだが、それまでにベンチャー的な仮想通貨が、決済量の多さから、市場の覇権を得ていてもおかしくない。官僚的なシステムにいらいらしている人々は多く存在しているのだから。


参考文献:野口悠紀雄 「仮想通貨革命」(2014年)


〈終わりに〉



誰もが好戦的な雰囲気の中で、人々の平和な暮らしを祈るってなかなかできないだろう?

力の均衡で動く世界から、

基本的な権利を尊重される神の子が、

基本的な規則に従って生業(なりあ)う世界に。

今日からオリンピックは始まる。



未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

NHK民営化検討を

2017/12/08(金) 16:52:00

 
NHKは毎年の受信料収入が6800億円にも上る。(29年予算書より)
日本は、公共放送に維持に莫大な金額がつぎ込まれている。
BS受信世帯の増加による受信料収入の増加や、ネットからも視聴料を徴収しようと検討している。
NHKは増収を図るのが仕事なのではない。
かつての特殊法人のように、NHKは肥大化しているのではないか。天下りなどの構造が起こっていないか。
改めて見直すべき時期に来ていると思う。

通信の分野では、ネット環境の革新的高速化と廉価化が急速進んでおり、ネット回線を使用した放送も、安価で可能になりつつある。放送映像の次世代化の投資に関しても、汎用品でも高画質の映像を取り扱うことが可能であるから、今まで使っていた機器が使用できなくなるような大規模な投資ではなく、将来に渡って拡張的に使用できる放送システム網を構築していくことが肝要である。
民放と比較しても土地はもっと有効活用できるのではないか。郵便局などのテナントの上に放送局を作ってもいいのではないだろうか。土地の資産運用で受信料を下げる努力と、公平さを両立させる工夫はいくらでも可能ではないのか。
 
NHKの強制加入制度について改めるべきところは、改めるために今回の提言を書く。
 
NHKの改革案
 
1、    NHKを報道中心の放送局として再編する。
民放のように視聴率を気にして、相当の製作費をつぎ込む必要があるのか。公共放送であるNHKでしかできない番組の作り方を改めて模索する必要があるのではないか。

2、NHKは、国内だけでなく、世界情勢中心の報道を積極的に行う。
民放やネットでは入手できない特に中東やアフリカ諸国地域の報道を充実を図ることは、国際的な立場で日本の立場を議論していくきっかけになるのではないか。
 
3、エンターテイメント事業は分離する。
分離後も国民の知的欲求を満たす良質の番組を引き続き強化する。スポンサー制度の導入も検討する。
 
4、    BS受信料は大幅値下げ、1チャンネルを報道専門局として、他はエンターテイメントチャンネルとする。
BSの加入料が高すぎる。視聴率も地上波に比べて格段に落ちるBS放送のチャンネルが2~3増えるだけで倍近い受信料を、国民全体に強制的に支払いを求めるのは、国民の理解が得られない。
個人的には地上波契約に月300円増し程度で運営できるのではないか。
BS契約が増えているのは、都市では電波障害などの理由で、ケーブル網でデジタル放送を受信可能となり、BS放送が受信できるようになった側面もあり、強制加入に見合った負担に軽減されるべきである。
5、    スポーツ放映は民放優先の原則で、民業の圧迫と放映権の高騰化を回避する。
大相撲中継・高校野球も、NHKが放映しなければならない理由を再検討すること。
ACLの決勝戦のように、他民放で生中継がない場合は優先的に放映権を購入できるようにすること。
 
6、    地方局では、エンターテイメント部門は、民放から番組の購入を行い、全国放送されている人気番組が、需要に応じて必要に放映されるよう努力する。
地方では放送局の数が少ない場所も存在するので、電波域の有効活用策として検討する。またスポンサー収入による増収を図る。
7、 自・他社問わずネット配信会社などにNHK制作の番組を販売してオンデマンド放送の収益化を試みる。
8、  NHKワールドの質の向上
民放から優良番組の放映権の獲得などの方法により、報道や良質な文化発信だけでなく、海外在住の邦人に娯楽を提供できるようにすること。
  
9、強制的な受信料の徴収は行わない。ただし、他放送局の電波使用料を収益源にすること、NHKのコスト体質の改善、災害時以外の放送のスクランブル化など公平な受信環境の整備と負担軽減に向けて努力を重ねて、負担に対して国民の理解がある場合には限らない。
10、一括受信の促進
マンションやビルなど一棟ごとでの大幅に割安な受信料徴収を促進する。
11、放送局の余剰スペースは、他民放を参考にして、副収入の手段として積極的に活用を可能とする。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

2017年神戸ルミナリエ

2017/12/08(金) 16:07:22

本日より、2017(平成29)年12月8日(金) ~ 12月17日(日)の10日間で神戸ルミナリエが開催されます。寒いですが、ぜひご参加ください。

http://kobe-luminarie.jp/index.html

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

神戸ルミナリエ

2016/12/07(水) 06:54:22



本年は12月11日まで開催中です。





未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ルミナリエ2012

2012/12/08(土) 17:58:13




「ルミナリエ2012」

開催期間 :
2012(平成24)年12月6日(木) ~ 12月17日(月) 12日間
点灯時間 :
月~木曜日 18:00頃 ~ 21:00
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30


神戸の復興を通じて、希望の灯りとなりますように。
(写真は2011年撮影)
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

お札サブレ

2012/10/15(月) 16:42:15


東京の友人から東京風月堂のお札サブレいただきました。
未分類記事全文トラックバック数:1コメント数:0

受取に行きます!

2012/02/13(月) 18:21:20

通販の受取時に不在にすることが多い。各都市の中心部に受取センターを設けて、購入者が取りに行くシステムにできないだろうか?そうすれば配送の手数料をもう少し安くできたり無料にできるだろう。
数千円の食品を買ってクール便や冷凍便にすると送料の割合が異常に高くなる。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:1

2011年の最後の日

2011/12/31(土) 01:47:04

2011年が早終わろうとしています。

今年はやりたいこと、やらないといけないことが溜まっていく日々でした。

最近このブログでは2000円札普及のサイトにも関わらず、環境経済について書いています。

しかし自分が明日もしいなくなってとしても残したいのは、このメッセージに他ならないです。

未来をよくするために、人間は叫んできました。それは自分や家族の生命を犠牲にしたとしても行われてきました。

人間は明日という未来が良くなるという可能性を信じることにより、創造的な潜在力を発揮することができているのでしょう。

自然の摂理と調和を取りつつ、人間の目指す未来を創造する。

この方法が最も美しく、最も早く、我々の理想を実現する方法に他なりません。

だから来年ももう少し、語らせてください。


では最後に音楽を。

今日の紅白歌合戦では病気療養から復帰した絢香が「みんな空の下」を披露することが決定しました。
↓療養前のライブ映像は歌唱力抜群でした。絢香の圧倒されるほどの力強い大人びた歌声と、少しかよわさが残る等身大の自分を投影したような歌詞のギャップが、誰にでも弱いところはあるけれど力いっぱい生きていこうすることへの共感を生みだし、我々の心を揺さぶってくれます。







未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

コンビニに水筒給茶サービスがあれば。

2011/12/13(火) 19:28:14

ペットボトルのお茶を買うなど、20年前まで考えられなかった。
こどもの頃は夏になると母が水を一旦沸騰させて冷たい麦茶を作っていたものだ。


コンビニにドリンクバーの機械をおいて、お茶を水筒にいれるサービスを行えば受けると思うのだが。
おじいちゃん、おばあちゃんがコンビニに行くようになって客層がかなり変わるはずだ。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

善意のレジ袋

2011/12/13(火) 17:05:19

レジ袋有料化やレジ袋を持参すればお金を割引してくれる現代。

レジ袋を回収して、使えるレジ袋を店内に置けばよくない!?
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.