弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

固定電話市内3分10円を値上げを!

2010/01/15(金) 00:53:40

携帯など1回線あたりごとにユニバーサル利用料を取られいます。
なにげに固定電話の市内通話安すぎるでしょ。3分10円って!1分あたり3.33円。安すぎる。
赤字が大きいならちょっとくらい値上げしてもいいと思うが…1分3.5円とか…

基本料を下げて通話料上げるとかできないし、料金体勢が硬直的すぎますね~
まだまだ需要あると思うですが…

固定電話の市内通話料が安いことを利用して、需要を喚起できないでしょうか?
NTTは固定とドコモのサービスの互換をすると公正取引委員会から指導される可能性があるし、難しい…。

とりあえず固定電話の料金課金システムを携帯に近づけることから始める必要がありそうです。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ファーストクラスの車内環境を鉄道にも

2010/01/14(木) 21:48:13

日本の鉄道運賃が高いと感じるこのごろ。
値下げするには増収策も提案しないといけないですね。

やはり優良顧客(全体の数%以下、単純にお金を使う人が優良と解されるのは本意ではない。)に対してもっと収入を求めるべきですね。
飛行機のファーストのように、電車にも3列シートを導入するべきです。
来年度の冬頃に開通する青森~東京を結ぶ新幹線の新型「はやて」には3列シートのスーパーグリーン車が連結されているらしいです。

いまの日本のお偉いさんも、このシートに座れるように仕事をがんばってくれたらいいんですが。
(友人がJRで契約社員で働いていますが、若者の非正規雇用が過度の進行する現状は、お偉いさんを支えるために行われていることが多いのです。
夜行バスなんかとっくに3列シートを導入しているって言うのに鉄道会社は何をしているんでしょうか?これで本来は無料になる予定だった高速値下げを減収の要因と言われても困ります。)

どうせカラでグリーン車を走らすなら4列だろうが、3列だろうと、1列シートだろうと関係ないんですよね。快適な車内環境を提供してお金をもらう。そして利益の一部は顧客に還元することです。これが一番正しいやり方です。
(価値は創造するものです。マーケティングで予想するだけではだめです。)

ビジネス客が減っている今だからこそ導入するチャンスです。

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

「FREEから生みだす新戦略」 を読む

2010/01/07(木) 23:33:58

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る


最近、経済学で一番気になっていたのが無料という概念でした。Googleなどが行っている無料でサービスを提供するビジネスモデルは普通の人が習う経済学モデルでは説明されなかったので、勉強したいと思っていました。

それをこの「FREE<無料>から生みだす新戦略」はわかりやすく解説していてよかったです。
一番感心したことは筆者のクリス・アンダーソンが大学時代は物理学を専攻しているのに、経済学の事象を研究して本にしたことです。「限界費用」など経済学の授業で習った単語が何個か出てきて懐かしさを感じました。興味があればなんでもできるんですね。

この本によると、「無料」といっても、経済学では誰かがその費用を負担していると説明されます。昔は、「タダより高いものはない」と無料という概念に嫌疑を感じてように、無料にかかる費用は、自分が買う他の商品の価格に転嫁されることを知っていました。
しかしIT革命が進んだ現在、無料にするのにかかる費用はごくわずかになり、自分が費用を負担せずに、誰かに負担してもらって、無料という便益(利益)を受けることが可能となったのです。

フリーソフトは、マイクロソフトの独占からの開放のために発達したのに、結局フリー市場は資金力があるGoogleなどの会社が市場を独占をしてしまうことはおもしろいことです。googleは物議を醸すことをやりますが、根本的に嫌う人はあまりいないような気がします。利益や権限を独占していた人々(新聞社など)から、無料で利用者に富の移転を行っていることが支持されている要因ではないでしょうか。


この本を読んで感じたことは、「無料」という概念の出現は、いままで有料で販売していた商品が、明日からはこちらがお金を払っても相手が引き取ってくれない商品になることもあるということです。価値観が丸っきり変化する怖い時代の到来です。

付け加えると無料という概念の出現により有料のものがなくなることはありません。ただし無料の出現によって今後消える可能性のある産業の特徴があります。時代が変化しているにも関わらず、旧来のビジネスモデルで需要や利益を独占しようとしている産業は危ないでしょう。新しい概念や代替物の出現は、需要が多い商品ほど価格の下落を招くでしょう。(いつだって時代の変化というのはそんなものですが。)
 
具体的に挙げると、日本の鉄道産業は衰退する可能性があると僕は感じています。
①価格を硬直的かつ独占的に決められている。
②ネットが常時接続になり、IP電話が登場し、加入者電話会社間の携帯通話料無料など時代が変化し、
人が動かなくても安価に情報の伝達ができるようになった。
そのため遠くに行くほど運賃が高くなる電車の運賃制度を人々が理解できなくなる。

このような状況は、かつてHISが格安航空券を売り出し、航空会社が独占により維持していた価格主導権を奪われた状況を連想してしまいます。
人々がその価値を疑いだしたとき、疑いをかき消そうとすればするほど、自分が持っているものの価値は下がっていくのです。

費用が無料になるのはいいが、仕事がなくなると困る人は一読をオススメします。










未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0

論文「2000円札発行を省みる」を発表いたしました。

2010/01/06(水) 22:08:19

2000円札パラダイスで論文「2000円札発行を省みる」を公開しました。

大学時代の卒論から多少文章を編集したもので、内容は卒論を書いた3年前と同じです。

政策として2000円札発行の評価を行い、将来の2000円札流通はどうするべきかを論じています。

読みにくく、すこし長文ですがマニアの方はどうぞ。

公開構想から3年も経って申し訳ないです。

私が研究に費やした時間が少しでも社会に貢献できれば幸いです。
2000円札記事全文トラックバック数:0コメント数:2

北ヤードに国際ビジネス拠点を

2010/01/05(火) 13:17:20

アジア新興企業の日本拠点(支店,営業所)を大阪に集積させることを目的にした施設の建設が必要だと思う。大阪に海外企業が進出してくれないと経済は衰退する一方だ。東京ではなく名古屋ではなく福岡でなく大阪を選んでもらうにはアジアをターゲットにするのが一番いい。
お金のある海外企業は東京にしか目をくれない。しかし新興企業にとっては東京は地価が高く23区内にオフィスを構えたとしても遠方からの通勤を強いられる。大阪なら市内に住むことも容易で、物価も安い。もちろん経済規模も大きく、特に電子機器産業や金融の市場は大きい。
そんな大阪の北ヤードという一等地でオフィスを格安で貸してくれる施設があればある程度の需要が見込めるのではないだろうか。
高い賃料のビルを建設するのでは、ターゲットのアジア新興企業は集まらない。海外進出ってどうやるのという段階の勢いのある企業を集めるのだ。
大事なことは大阪が海外ベンチャー企業に投資をするつもりでやることだ。
いま税収はなくても将来的に巨額な経済効果と税金を納めてくれる。ヒトとモノだけを集めたら後からお金は付いてくる。
アジアの新興国のレベルは確実に「守・破・離」の破の段階に入ってきている。つまり先進国のモノマネからオリジナルを思考し始めている。オリジナルなことをやろうとすればモノマネでは解決できない高度な問題を抱えるがゆえ、解決を求める手段を海外に求めるのだ。(最終的には自分で解決するようになるのだが)
その時日本の成熟した市場や技術が必要になってくる。

大阪のビジネス街は新陳代謝が必要な時期である。日本のベンチャーがだめなら海外企業に進出してもらうべきだ。その契機として北ヤードでアジア新興企業向けに格安オフィスを提供することが必要だと思う。
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.