弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

経済成長のために

2011/03/12(土) 17:48:26

 人口が減少する中で経済成長を図るには、付加価値の高い労働をする必要がある。産業は発展に伴い労働は省力化されてきた。田畑での仕事や水くみをしなくなった変わりに、モノを作り売り、サービスを創造し報酬を得るようになった。

 産業の転換の結果、仕事の内容は変化が生じる。例えば、資源浪費型産業からエコ型産業に変化して、貨物輸送がトラック輸送から鉄道に再回帰したとする。鉄道が一度に100台のコンテナを輸送してしまうと、トラックが一度に2台の貨物を輸送したとしても50台分の長距離トラックの仕事がなくなる。
仕事のなくなった長距離トラックの運転手は何をすべきか。1つは鉄道コンテナの拠点間トラック輸送を行う方法である。貨物ターミナルから配達先まで1日に何度も往復する。関連の仕事を探し仕事の形態を少し変化させて産業の変化に対応する。

 もう一つの方法は鉄道が運行を停止した時の代替トラック輸送、そして納期を達成するための特急便を運行する方法である。鉄道運送が安価であっても、ごく少ない顧客の要望により高付加の仕事を獲得する。また特にこれからの時代は、トラブル一つでサプライチェーン全体の歯車が狂う。サプライチェーンを修繕したり、代替を務めることのできる者は付加価値が高まる。


 ベンチャー起業の必要性はよく説かれている。ベンチャー企業が行うべき1つのことは、古い産業構造による高コストを打破し、産業の効率化を進めること。日本でベンチャー起業があまり進まない理由に消費者のブランド指向と企業の後追い逆転指向が強いことが大きく関係している。いくら安くてもよくわからないメーカーの商品は売れない。だからメインバンクや人脈が必要となる。しかし銀行と企業の関係が希薄になってきたため、スポンサーとなるベンチャーキャピタルのような投資家の存在が重要になる。日本では卸売業を生業としてきた総合商社が投資会社化しており、ブランド指向が強い日本でベンチャー界に強い影響を与えている。ブランド指向が強い日本でベンチャー企業育成を行っていくには、大企業がベンチャー企業を育成していく必要がある。分社化やベンチャー投資などの方法があげられる。権限の移譲と同時に資金の出資を従業員にも求めるなどの方法により、大企業はリスクを抑えつつ市場の創造性を高める必要がある。後追い逆転をするにも、コストやスピードでは新興国企業と競争していくには、難しくなっていることを理解しなければならない。

将来的にはGDPの4割を占めると予想されているアジアに日本が属していることは、地理的には有利である。世界最大の債権国の日本が、そのような新興国投資を積極化することは必然である。
 投資の際に意識すべきことは相手国を「支える視点」を持つ必要がある。バブルが起ころうが金融危機が起ころうが、投資が失敗しても現地に何か残せるものがあれば投資の意味はある。経営ノウハウ、人材、設備、物流網なんでも構わない。投資額に対して残るものの対価が著しく低ければ、投機であり投資不適格である。投機は経済力が弱い新興国では経済の混乱を招くものであり、確実に富を生むものに投資を行っていくべきだ。本来投資や金融は、資本が足りていないが賢く資本を利用して富を生む者に行うものである。
 政治が不安定になる要因は労働力の余剰(失業)と貧困から生まれることは、今回の中東の民主化運動からも理解できる。我々は彼らの雇用を創出し、平和を構築することを投資活動から行うことができる。「支える視点」で投資することが、効率的な資源配分が行われ、安定的な経済成長が行われる。経済発展余地のある段階では、足りているものに投資するのではなく、足りないものに投資を行うことが必要である。「支える視点」とは、相手が足りないものを適切に把握し、適切な資源配分を行う投資活動と言える。相手は何が足りないのか、石油か外貨か人材か総合的に判断する能力の向上が必要である。


「支える視点」で適切な資源配分を行い世界の安寧を実現を行うことが、我々が行動すべき経済成長戦略である。
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.