弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ペルー旅行5日目前編マチュピチュ鉄道に乗車

2015/03/30(月) 23:54:15

今日はこのツアー最大の山場。マチュピチュの遺跡を見に行きます。

その前に朝食をとります。
P3010272.jpg

外はあいにく霧がかかっています。
P3010277.jpg

急流で荒々しい川です。
P3010281.jpg

ここでバスから列車に乗り換えです。
P3010282.jpg
崖の下いるような気分です。
P3010289.jpg
きれいな車体です。
P3010290.jpg

急流の川沿いに列車は進みます。
P3010307.jpg

迫力あります。
P3010309.jpg

幻想的な霧のかかり方です。
P3010313.jpg

川の流れる谷間に線路を敷いたような区間を進みます。
P3010319.jpg

P3010294.jpg

P3010301.jpg
P3010322.jpg

飲料サービスです。温かいコカ茶をいただきます。コカインの原料ともなるコカの葉のお茶です。味は苦味も少なくさっぱりとしています。
P3010328.jpg

激流の横を列車は通ります。
P3010330.jpg

P3010332.jpg
P3010335.jpg
P3010338.jpg
P3010339.jpg
P3010341.jpg
P3010350.jpg
P3010352.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行4日目クスコ

2015/03/30(月) 23:10:55

今日はリマから空路、クスコという都市にむかいます。
P2280188.jpg

早朝なので道もすいています。
P2280189.jpg

飛行機で2~3時間かけて着いたのは、標高3400mの空中都市クスコです。
P3010190.jpg

空港に到着です。
P3010191.jpg

空港の前のお土産屋。民族柄はかわいらしいです。お土産にもいいです。
P3010192.jpg

きれいに整備された道路
P3010194.jpg

土地が狭いため山の上まで住宅が建っています。
P3010197.jpg

サント・ドミンゴ教会です。インカ帝国の神殿の精密な石垣の上に建てられています。
P3010198.jpg

お土産屋さん。布製品が目立ちます
P3010200.jpg

P3010224.jpg

P3010223.jpg
西洋の町並みです。
P3010201.jpg

ラ・コンパーニャ・ヘスス教会
P3010203.jpg

アルマス広場 (クスコ)
P3010204.jpg

カテドラル
P3010214.jpg

南米のインカ帝国の都市に西洋の町並みが存在するのには悲しい歴史があったようです。
P3010215.jpg

高山病にならないようにゆっくり呼吸します。
P3010216.jpg

インカの像でしょうか。
P3010219.jpg

犬がかわいらしい。
P3010225.jpg

町並みはおしゃれです。
P3010226.jpg

インカのかみそりを通さないと言われる精密な石組みを見られる通りです。
P3010227.jpg

文字を持たなかったインカ帝国ですが、高度な建築技術です。
P3010228.jpg

違う形の石をこれだけ精密に削るのは芸術の域です。
P3010229.jpg

これくらい隙間が開いていても問題ないところも手を抜きません。
P3010234.jpg

太陽の神殿に入場しています。
P3010235.jpg

金の産出が多く金製品が優れていたため、スペインに狙われたと言われています。
P3010250.jpg

バラが咲いています。
P3010237.jpg

パノラマが美しい。
P3010238.jpg

神殿から見た町並みです。
P3010244.jpg

P3010245.jpg

神殿の石垣
P3010251.jpg

山に文字を彫っています。現代人の仕業でしょうね。
P3010241.jpg

明日行くマチュピチュに近い宿泊地まで出発です。
P3010252.jpg

クスコは夜景がすばらしいです。夕刻でそれほどではないですが。
P3010260.jpg

P3010263.jpg

巨大なキリスト像が山の上で見守っています。
P3010261.jpg

こちらが宿泊地
P3010269.jpg

ペルーは食事がおいしいので食欲がない他の人の分もいただいています。明日は朝4時半起きですw
P3010271.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行3日目ナスカの地上絵

2015/03/30(月) 22:52:28

昨日24時間以上かけて、ペルーリマに到着しました。

本日はナスカの地上絵を見るために遊覧飛行に出かけます。
有名なナスカの地上絵はペルーにあります。

ペルー市内です。ペルーは改善しているものの貧困層の多さが問題となっており、治安の悪化にもつながっています。
冷房なしのバスは料金が安いようです。
P2270102.jpg

砂漠の土地も何年か占有すれば土地を私有する権利を有するため、貧しい家庭を中心としてスラムのように家が建っていくとのこと。
P2270103.jpg

朝は霧がかかっています。遊覧は大丈夫でしょうか。
P2270105.jpg

晴れてきました。
P2270107.jpg

砂地が多いですが、農作しているところも。
P2270108.jpg

太平洋注ぐ川
P2270110.jpg

30℃近くて、からっとしていて暑いです。
P2270113.jpg

こうした集落では水道や電気のインフラが行き届いてないことも多いとか。
P2270114.jpg

砂丘の崖沿いを疾走するバス。
P2270115.jpg

養鶏場です。
P2270117.jpg

海沿いの風景は美しいです。
P2280119.jpg

ここでバスを降ります。
P2280121.jpg

ナスカの地上絵を見る飛行機が発着する空港です。
P2280120.jpg

こちらの飛行機がわれらツアー集団が乗る飛行機です。10名程度が乗る小型機です。
P2280122.jpg

離陸準備よし!
P2280125.jpg

快晴です。
P2280126.jpg

P2280127.jpg

海がきれいな色しています。
P2280128.jpg

町が小さくなります。
P2280130.jpg

砂漠地帯に突入です。
P2280131.jpg

ナスカの地上絵のある地点に到着です。
P2280135.jpg

線が無数に走っています。
P2280138.jpg

左右に旋回しながら地上絵をさがします。
P2280140.jpg

発見!はちどりでしょう。
P2280147.jpg

地上展望台と地上絵
P2280158.jpg

なんかうっすら見える。
P2280153.jpg

地上絵発見。
P2280154.jpg

このほかにも数個の地上絵を見ました。なかなか写真に収めるのが難しいので、地上絵の写真はこれで終わりです。
P2280167.jpg

空港に帰りましょう。
P2280168.jpg

うとうとしながら空港に到着。
P2280169.jpg

お疲れ様でした。
P2280170.jpg

こちらの店で昼食を。
P2280175.jpg

昼食です。ペルーの料理はスペイン料理の系統が強くおいしいです。
P2280176.jpg
ジャガイモ原産地とあってマッシュポテトはかなりおいしいです。
P2280177.jpg

店の外で休息。犬が海岸にいます。
P2280174.jpg

海がきれいなので、船に乗ってどこか行きたい気分になります。
P2280178.jpg

サンダルでサッカーに励む少年たち
P2280180.jpg

バスに乗り込みます。場違いな高級そうなバスですね。
P2280179.jpg

リマに到着です。翌朝は早いです。
P2280186.jpg

夕食を食べて就寝です。
P2280185.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:2

ペルー旅行2日目経由地ボゴタ

2015/03/30(月) 22:28:46

深夜にニューヨークの摩天楼に別れを告げて、機内泊をしました。
移動・移動で24時間横になって眠っていないです。
本日はコロンビアに向かい乗り継ぎ待ちを利用した市内観光をした後に、目的地のペルーリマへ向かいます。

P2260061.jpg

機内泊後やってきたのは、一生来ることはないと思っていたコロンビア・ボゴタ国際空港。
P2260062.jpg

P2260063.jpg

バスを待っています。
P2260064.jpg

コロンビアというと麻薬などのイメージがありましたが、首都ボゴタには普通に近代的なビルもあります。
思ったより栄えています。
P2260067.jpg

朝食です。朝食は機内でも食べたので、食べてない人もいましたね。
P2260076.jpg

機内泊の疲れをいやすために、ホテルの部屋を与えられました。
P2260077.jpg

2階建ての立派な部屋でしたが、食事時間を合わせて2時間もないので、シャワーを浴びて終わりです。
P2260078.jpg

ホテルの周辺をうろつきます。近代的なトラムが走っています。
P2270079.jpg

スタンドのフルーツ売り。南国っぽいです。
P2270081.jpg

コロンビアでOSAKAの文字がありました。日本と関係するのでしょうか。
P2270082 - コピー

コロンビアの街並み。
P2270083.jpg

バスに乗って空港に向けて出発です。
P2270085.jpg

近代的な遊園地がありました。
P2270089.jpg

こちらの飛行機でペルー・リマへ向かいます。
P2270091.jpg

機内でコロンビアのビールをいただきます。
P2270092.jpg

さて無事リマ国際空港に到着です。2~3時間でしょうか。
P2270094.jpg

新市街はきれいな町並み。
P2270101.jpg

こちらのホテルで宿泊です。
P2270099.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行1日目アメリカ、ニューヨーク乗継待ち

2015/03/30(月) 22:14:15

2~3年前に行った南米ペルーの旅の旅行記です。ナスカの地上絵、マチュピチュ、クスコの世界遺産、素晴らしい料理を堪能してきました。

短時間で多くの観光を楽しむため、パッケージツアーで9日間の旅を選択しました。
すごく高額の費用がかかりましたが、内容の詰まった日々でした。
乗継でニューヨークとコロンビアの2か所を経由するというルートで、24時間を超える所要時間をかけて南米まで行くこととなりました。

それでは出発します。


まずは関空から直行でニューヨークに到着。南米に出発するのは今日の深夜です。
それまではオプションツアーでニューヨーク市内観光します。
バスに乗っていれば、案内してくれるので、機内移動で疲れた体には優しいです。

築100年を超えるブルックリン橋だと思います。補修工事をしているところです。
P2250001.jpg

リンカーンセンターです。コンサートホールや劇場として世界的に有名とのこと。
P2260017.jpg

P2260019.jpg

ジョン・レノンの自宅マンションであり、銃撃された場所であるダコタ・ハウス。
P2260021.jpg

国連本部の前です。テロ警戒で禁止されているのか停車もせず通り過ぎました。
P2250006.jpg

セントラルパークです。緑豊かな公園のイメージでしたが、冬場は少しさびしい感じがしました。
P2260026.jpg

メトロポリタン美術館です。時間があったら内部も見たかったですが、外観だけの撮影です。
P2260028.jpg

タイムズ・スクエアです。大阪でいう道頓堀のグリコのネオンあたりですが、こっちの方が洗練されています。


ビル自体をデジタル画面でネオン広告にすることで、コンサートのイベントなどにも使うことができます。
P2260037.jpg

オプショナルツアーの夕食はこちらのお店で。
P2260044.jpg

本場ニューヨーク.ステーキの夕食でした。ペロリと食べちゃいました。
P2260042.jpg

ロックフェラー・センターにやってきました。この後ビルに展望台トップ・オブ・ザ・ロックに上ります。
P2260034.jpg

こんなビルにスケート場です。
P2260033.jpg

1000円くらいしたはずですが、結構滑っている人はいます。
P2260059.jpg

日が暮れてきたので展望台に行きましょう。
P2260060.jpg

さっそく展望台は外に出ることができます。
P2260058.jpg

独創的な高層建築が自己主張するように輝き誇っています。
P2260056.jpg

期待以上の美しさでした。
P2260057.jpg

エンパイア・ステイトビルの装飾の美しさは芸術の域です。イベントがあると色が変わるとのことです。
P2260053.jpg

旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.