弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エコ免税

2015/09/09(水) 15:30:24

日本は消費税を8%から10%に2017年4月に上げることが予定している。
増税は財政再建のために使用されるため、経済のパイは小さくなることは確定している。
日本は毎年GDPの10%近い財政の支出を行っていて、ゼロに近いプラス成長しかできないので、単純には財政赤字を削減した分だけGDPが落ち込む。放漫財政は恐ろしい話である。

さて、軽減税率の話である。食料品で導入するならば追加でエコ免税を行ってほしい。
海外旅行者は消費税の免税幅を増やそうという議論がある一方、日本人は免税を受けられないことへの批判もある。

政府が認めたエコ製品には消費税10%の免税を行う。車や太陽電池など住宅に付随する設備、工業製品なども含む。
省エネ住宅ポイントやエコポイントやエコカー減税などを統合しており、経済効果は幅広い業界波及することが期待される。
あわせて財源確保のためエコカー減税や法人のエコに関連する即時償却の縮小廃止を検討すべきある。

市場規模は詳しくはわからなかったが、10兆円の市場規模として、単純に1兆円規模の減税を時限的に行う。それなら消費税を1%減税しろよと言われるかもしれない。
しかし私は日本はエコを通じた世界最高の生産性で国際競争を勝ち続けることが必要と考える。
教科書的に心配される国際収支の赤字による歯止めの利かなくなる円安対策にもなる。

日本に必要なことは、今日のメシよりも明日のメシであり、小さい買い物より大きな買い物である。



エコ免税概要
対象製品:
政府が指定する仮称・エコロジーマーク製品(グリーン購入法の拡大)
従来品に比べてランニングコストで一定以上の削減効果があり、価格差以上に投資的にも、エネルギー的にも効率的な製品であること。

最低金額:制度簡素化のため合計1万円以上

免税方法:政府の指定する方法

財源:各種エコ減税の縮小廃止と将来的な資源関係税の増税(エコ免税とセットで法制定することが望ましい)

追記9月10日

環境関連産業の市場規模:環境省のまとめによると2013年の国内環境関連産業市場規模は約93兆2870億円。
http://shiraberu.ws/entry/2015/08/20/190515
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行最終日

2015/09/09(水) 15:16:11

乗り継ぎ地のニューヨーク到着です。ペルーに比べて寒いです。遠くに高層ビルが見えますね。
P3040688.jpg

この店で朝食です。
P3040691.jpg

機内食も食べましたが、足りません。この旅では人の分まで食事をしていたせいか、食が太くなりました。
P3040690.jpg

再建設中のワールドトレードセンターです。
P3040692.jpg

自由の女神が見えるスポットへの移動です。
本来は向こうの島まで渡ることもできるのですが、ハリケーン被害のため見学できませんでした。ニューヨークに来た感じがします。
P3040700.jpg

そして一行を乗せたバスは、エンパイアステートビルへ
P3040706.jpg

摩天楼の町並みを通り過ぎる。
P3040709.jpg

バス車中からモノポリーなどで登場するエンパイアステートビルが見えます。
P3040710.jpg

今回はエンパイアステートビルに入場します。入場料金は、いいディナーが食べられる金額です。
P3040712.jpg

外からも景色を堪能できるのがいいですね。
P3040713.jpg

マイナスに近い気温で、風も強いので、2~3分しかいられなかったですけど。
P3040717.jpg

マンハッタン島
P3040719.jpg

P3040721.jpg

ハドソン川が広がります。
P3040722.jpg

自由の女神像も見えるんです。
P3040723.jpg

塔の上は電波塔になっています。
P3040724.jpg

摩天楼はやはり感動します。
P3050730.jpg

あっという間に地上に。
P3050731.jpg

装飾も手が込んでおり、感動です。
P3050732.jpg

この建物が1930年代の世界恐慌中に建てられたことが、信じることが出来ません。
P3050733.jpg

これで旅の工程は終了です。日本に帰国です。
P3050734.jpg

名残惜しいです。
P3050738.jpg

乗り継ぎの疲れもあり寝てしまいました。この写真が最後の写真です。
P3050740.jpg

すばらしき全9日間の日程でした。
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行7日目リマ最終日

2015/09/02(水) 17:11:34

本日はペルー最終日で、深夜に乗り継ぎ地のニューヨークに旅立ちます。
P3030605.jpg

朝のミラフローレス。早起きして一人歩いてみました。
P3030606.jpg

清清しいです。
P3030607.jpg

この場所はかなり気に入りました。
P3030608.jpg

絶壁と海と街、こんなに調和した街は日本にはないです。
P3030609.jpg

朝食後はバスに乗り込み、アルマス広場に。
P3030615.jpg

大統領官邸もある。国家の中心部です。
P3030616.jpg

P3030617.jpg

P3030619.jpg

P3030622.jpg

P3030625.jpg

バスはリマの古代遺跡に向けて出発です。
P3030627.jpg


P3030626.jpg

P3030628.jpg

砂漠の住居はスラム街みたいです。
P3030635.jpg

キリスト像が南米です。
P3030636.jpg

リマから一時間ほどでパチャカマック遺跡です。
P3030637.jpg

期待していたより大きいです。遺跡がいくつかあるのですが、外が砂漠で暑いのもあり、隣の遺跡までもバスで移動です。
P3030638.jpg

インカ文明の遺跡です。
P3030639.jpg


P3040641.jpg

遺跡の隣まで住居が進出しています。エジプトのピラミッドと雰囲気が似ています。
P3040646.jpg

リマは遺跡が多く、ここではないですが、世界で一番古い文明の遺跡として近い将来に教科書に紹介されるとガイドさんが説明していました。
P3040649.jpg

P3040650.jpg

P3040653.jpg


歩く気が失せますけど、この後30分くらい歩くことになります。
P3040664.jpg

P3040662.jpg

神殿みたいのが出現しました。
P3040668.jpg


ガイドが案内しながら、神殿を案内するようです。
P3040667.jpg

P3040673.jpg

結構高低差がありあす。
P3040672.jpg

毎日ウォーキングが趣味という、いけている老夫婦が先頭を歩いていました。元気です。
P3040676.jpg

いやー砂漠、暑いです。
P3040677.jpg

バスに足早に乗り込み、出発です。
P3040679.jpg

マーケットなどペルーの町並みも最後です。
P3040680.jpg

近代建築の美しさと古代文明の精巧さ、砂漠と海と高山都市、さまざまな表情を見せてくれるペルーは一つの国を旅行をしたとは思えないくらいの、印象深さを与えてくれました。

冬の日本を離れ、温暖なリマは、本当に凍っていた心を溶かしてくれます。

名残惜しいですが、空港に着きました。ニューヨークに向けて出発です。
P3040684.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行6日目

2015/09/01(火) 15:35:18

早朝クスコの空港を出発して、リマへと向かいます。
P3020509.jpg

花で飾られた歴史博物館
P3030511.jpg

P3030510.jpg

P3030512.jpg

P3030513.jpg

P3030514.jpg

P3030515.jpg


インカ文明は文字がなかったと言われていますが、これが記録に使用されていたようです。
P3030522.jpg


金属の装飾品も展示されています。
P3030524.jpg

P3030525.jpg

P3030526.jpg

P3030529.jpg

P3030527.jpg

インカ文明は医学にも優れており、外科手術をしていたといわれています。
P3030532.jpg

P3030537.jpg

P3030538.jpg

博物館を後にします。
P3030541.jpg

リマの町並みはきれいですね。
P3030542.jpg

P3030544.jpg

P3030545.jpg

P3030546.jpg

P3030547.jpg

新市街ミラフローレス
P3030551.jpg

海岸沿いは高級リゾート地を思わせます。
P3030553.jpg

ガイドブックには必ず載っている有名な像です。
P3030554.jpg

P3030555.jpg

P3030557.jpg

崖沿いには霧が立ち込めてきました。
P3030558.jpg

2月ですが、寒くはないですよ
P3030559.jpg

P3030560.jpg

P3030561.jpg

P3030563.jpg

P3030564.jpg

霧がすごいです。
P3030567.jpg

P3030569.jpg

すこし移動すると晴れていて果物もおいしそう
P3030570.jpg


こちらはお土産店
P3030573.jpg

P3030579.jpg

P3030577.jpg


昼ごはんです。
P3030580.jpg

その後は夕食までフリータイム
P3030581.jpg

もう一度海岸沿いまで15分くらい歩きます。
P3030582.jpg

夕方の散水
P3030584.jpg

この場所は気に入りました。
P3030585.jpg

ショッピングモールも崖沿いにあり、高級そのもの。
P3030588.jpg

近づいてきました。
P3030589.jpg

ガイドもお勧めのミラフローレスの夕日。
P3030592.jpg

P3030594.jpg

P3030595.jpg

P3030599.jpg

P3030602.jpg


夕日が綺麗でした。ペルーの料理は異国料理だけどおいしいです。
夕食を食べた後は、スーパーに買い物行きました。
P3030603.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.