弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

たすきが渡されました。

2005/11/08(火) 18:05:32

バトンを訳すとたすきなんでしょうか。
That’s学」のFWさんからサイトマスターバトンが回って来ました!

私はサイトマスターではないのでつなぎということでw

早速答えよう!!


1、サイト名を教えてください。
「2000円札パラダイス」
はじめて持ったHPであり、名称もはじめから変わりません。

2、サイト名の由来があったらおしえてください
2000円札が嫌われる現実の世界とは別に、仮想の世界で2000円札が
主役のパラダイスを造ろうと思いこの名前にしました。
最近は2000円札ネタをやってなかったですが、ネタがメインでした。
でもデータベース的な情報のほうが存在価値が高いかと思い2000円札普及枚数の推移なども調べてます。

3、サイトのジャンルを教えてください。
知識系、社会科学系、読物系、マニアック系、クリスタルK

4、サイトのメインはなんですか。
2000円札です。ブログは常連さん向けということで。

5、力を入れてるコンテンツは?
怠惰な毎日で特にありませんが、リンク集は2000円札を知る上で必要な情報がすべて集まるような2000円札界のYAHOOにしたいという夢があります。 

6、このサイトのこだわりは?
2000円札という文字が世界一詰まったサイトにすることです。

7、バトンをまわす5人
白夜さん(萌えバトンに変えてもいいですよ~)
たけやんさん
2000円札マスターさん
堀江貴文さん
倉木麻衣さん

バトン記事全文トラックバック数:0コメント数:2
<< 2005年10月度2000円札流通高ホーム全記事一覧就職活動スタート >>

コメント

マスターにはバトンが廻って
こなかったようですが・・・。
URL|2000円マスター #-|2006/01/13(金) 23:08 [ 編集 ]

ブログバトンというものはバトンを回すといいながら、記事を読んだらご自分のブログでバトンの話題の記事を執筆する代物なので、この記事を見て下さった段階でバトンは回ってきたことになります…。
わかりにくい表現で申し訳ございません。よかったらバトンを引き継いで回してください。
URL|ハゲナルド #-|2006/01/15(日) 21:03 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/117-f49795de

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.