弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

2006年4月末2000円札発行枚数

2006/05/11(木) 01:45:50

10日、日銀の発表によると、2006年 4月末の2000円札の市場流通枚数は前月比1335万枚減の2億350万枚であった。一時は5億枚を超えており、そのころから60%程度の減少となった。他券種はGW中ということで前月に比べて通貨流通量を伸ばしているが、2000円札が流通量を減らしていることから実用的に用いられていないことが浮き彫りになった。


ちなみ私の4月の2000円札両替枚数は26枚と低水準にとどまった。大型消費財の購入がなかったことが大きい。教科書購入の際も一冊のみだったので、一枚しか使えなかった。そのときのレジの40代女性は2000円札のリアクションが大きく、「ほんとに使うの?」と笑いながら聞いてきた。あまりの反応のよさにいっぱい教科書を買いたくなった。

お知らせ)2000円円札パラダイスのトップ画面をシンプルに変更しました。リンク集も日銀リンクを増設し学術的情報のニーズに答えました。
2000円札記事全文トラックバック数:0コメント数:5
<< 絶対内定ないってーホーム全記事一覧フラフラしてもいいじゃないかよ >>

コメント

最近ピタパのキャッシュバック目当てにクレジット払いが増え、2戦円札どころかキャッシュレス化していく俺…

その気になればデビットカードと組み合わせて、カードだけでもなんとかなるかも…
URL|赤噛 #-|2006/05/11(木) 03:40 [ 編集 ]

26枚が低水準ってことは、高水準やとどうなるんだ・・・
URL|sei #-|2006/05/11(木) 19:24 [ 編集 ]

赤噛さん>それやったら2000円札貯金をお勧めします。

seiさん>1日1枚は二千円札を使うのは、この業界では当たり前なんですw
URL|ハゲナルド #-|2006/05/11(木) 21:43 [ 編集 ]

どの業界やw

そういえば、ハゲナルドに会ったら財布の中身が全部2戦円札に変わってたのに、最近は…
URL|赤噛 #-|2006/05/12(金) 11:43 [ 編集 ]

ってか最近会ってない感じが…
URL|ハゲナルド #-|2006/05/15(月) 04:17 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/190-36d69a2b

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.