弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahoo!JAPANのカテゴリ登録について

2006/05/31(水) 04:20:43

5月29日付けで当ブログの親サイト、2000円札パラダイス(以下本サイト)がYAHOO!JAPANのカテゴリ登録されましたのでご報告します。2000円札普及関連のページがカテゴリに登録されるのは2例目となります。
2001年09月09日より旧サーバーでの開設から、1724日、5年間弱の日数での達成となります。
開設当初は友人宅のパソコンでデータをアップしておりまして、その後私事が忙しく更新がままなりませんでした。しかし2000円札は使い続けていましたので、普及啓発を広く行いたいと再びウェブページの更新作業を開始しました。現サーバーには2004年02月26日完全移転が完了し、以後の管理はすべて私が行っております。

旧サーバーがサイトテーマの「パラダイス」すなわち娯楽性のコーナーがメインなのに対し、現サーバーではデータベースの構築に努めました。

私がここまで続けてこれたのも、2000円札を気にかけてくれる人が存在するという事実でありました。最近は更新頻度が落ちたものの、決してたくさん方とは申せませんが、安定的な来客者数を記録し、今年4月には2万アクセスを記録しました。検索サイトでは2000円札関連ページの上位に表示されるようになりました。常連来客者、初来客者に関わらず、私の未熟な文章・論理展開にお付き合いいただき本当にありがとうございました。1アクセス1アクセスに感謝し、活動エネルギーにして邁進して参りたいと思っております。

今後も2000円札に関する情報を必要とされる人がいる限りサイト運営を続けたいと思っております。そしてなにより2000円札が発行される限り普及を推進していきたいと考えております。今後2000円札推進派のコミュニティの創造を命題に考えておりますので、ぜひその際には多くの方のご参加をお待ちしております。

最後に、改めましてYahoo!JAPAN様、来客者、関係者の皆様に登録のお礼申し上げます。


カテゴリ登録NEWページ5月29日20060531041848.jpg

Hagenardo da Vinci

未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 新コーナーホーム全記事一覧お出迎え >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/200-e9ced993

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.