弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

冥土銀行

2006/06/30(金) 02:13:11

論文の資料集めのこのごろです。論文には使えないであろうネタの一つをご紹介します。

「冥土銀行券(HELL BANK NOTES)」

中国や中国の文化の影響色が強い東南アジアの地域では、火葬などの前に棺桶の中に紙幣を入れます。先祖があの世に行っても金に苦労しないようにという考えから派生したと思われます。しかし燃やしてしまうものなので、本物を入れるわけにはいきません。そこで、この冥土銀行券が使用されるのです。

香港などでは100枚で40~80セント(香港ドルか米ドルか単位は不明)で売られているそうです。入手先は葬儀屋や呉服店だそうです。

見本http://www.joelscoins.com/catpm.htmより取得
hell3r.jpg
写真クリックで拡大

1億元札(1000万円程度)です。現地(冥土)で暮らすのにもお金はたくさん必要なようです。
冥都銀行、通用冥幣の文字や七福神が雲の上におられるのが確認できます。

HellBankNoteR2small.jpg
クリックで拡大

きれいな近代的なお札もあります。


あの世くらいは金に困らなくて済むようにと祈る気持ちもなんだかわかります。あの世では悠久の時間とともに欲しいものがいくらでも手に入
って、何をしていても楽しく過ごしていたいですね。

ちなみに冥土銀行券をお土産に渡すことは、避けた方がいいらしいです。相手の死を願う意味が込められるからだそうです。冥土銀行券をお土産でもらった方は、ひょっとして恨まれてる??

そういえば向こうでは、喫茶店が流行ってるらしいですね。
「冥土喫茶」ってね。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< お礼状ホーム全記事一覧冷やしきしめん >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/218-b6c59081

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.