弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

金融業界の秘密?

2006/07/02(日) 03:49:59

福田吉孝という人物をご存知であるだろうか。
アイフルの代表取締役社長である。

アイフルといえば取立て方法をめぐり金融庁より業務停止命令を受け、世間を騒がせていた。
個人的には他の消費者金融も同じことをやっているのではないかと内心思っているが。

とにかくアイフルは社会的な信用は地に堕ちたともいえる。アイフルの社訓は「社会より支持を得ること」である、これから大変である。

「どうするアイフル??」と新聞記事でもアイフルの今後を揶揄されている。

アイフルの名を全国に広めたのは、なんといってもチワワのCMである。このCMは好感度調査でも常に上位に位置し、「どうするアイフル??」CMシリーズを生み出した。

福田氏というのはお金という形の変わらない商品にイメージ戦略をもちこみ大成功した人物である。
そういった意味では僕は評価をしている。

日本の金融のCMは地味である。まるで電通と癒着するために広告枠買っているのかと疑問を投げかけたくなることもある。

日本生命のCMなどすごく地味で、同じイメージ戦略のCMなのにインパクトが違うと感じる。「愛する人のために 保険にはダイヤモンドの輝きもなければ…」という詩を朗読するCMを一度は見たことはあるだろう。ニッセイの場合は巨大な資金があり、相互会社の形態なので、ゆっくりと企業イメージを培っていく戦略なのだろうが。


ところで、アイフルがCMを自粛している中、金融業界で話題のCMと言えば、

「どうするのよオレ!」でおなじみライフカードのCMである。

オダギリジョーが人生の選択を迫られる。その優柔不断に見える表情でカードを見比べ、「どうするのよ、オレ!」と心で叫ぶ様子はコメディータッチでおもしろい。

そのライフカードを発行をするのが、株式会社ライフという信販系クレジットカード発行会社である。クレジットカード発行、特に提携カード発行の分野を得意としている。

そしてその代表取締役会長が、かの福田吉孝氏なのである。

じつは、株式会社ライフは2001年にアイフル株式会社によって完全子会社化されているのだ。

僕はその事実を知らなかった。株式会社ライフのウェブサイトを見ても、株主構成などはなくアイフルと福田氏の関係を結ぶものをみつけることは困難であった。やっとライフの会社紹介、しかもpdfにある取締役名簿の中に福田氏の名前があった。
よほど丁寧に見ないとアイフルと資本関連がある会社との認識が困難である。まるでその事実を隠しているかのようである。


今一度2つの会社のCMのキャッチコピーを見ていただきたい。
・どうするアイフル??
・どうするのよオレ!!

「どうする」とどちらも反語的に問いかけていることがわかり、あきらかに同じ人が2つのCM制作に関わったと思われる。認知度の低い企業の名前が市民権を得るようなCMを連発するのは、どんな人か気になる。広告代理店でそのような分野に就職したいなら、ぜひ習うべきCMのヒットメーカーがであろう。


いかんせん、資本でつながった2社のCMのイメージ戦略は素晴らしい。しかし急発展した企業ということで、イメージが先行している感は否めない。金融業界の泥臭さが抜け切れないなら、今後も不祥事が起こるだろう。まさに社会より支持を受ける覚悟と行動が試されているといえる。

株式会社ライフ-ライフカード発行
株式会社ライフ会社紹介(pdf)-取締役名簿に福田氏の名前が見える。
アイフル株式会社-IR関連会社情報にはライフの決算書などが掲載されている。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:2
<< サザエさんホーム全記事一覧岡山・大阪集団暴行致死事件 >>

コメント

今の消費者金融、パチンコ業界にゃまともな人間はいねー。その支持受けてる民主、社民も同様。とここまで来るとナショナリズム抜きには進まないのでこのあたりで。
URL|Linus #-|2006/07/02(日) 16:44 [ 編集 ]

また特集でも組んでくださいw
URL|ハゲナルド #-|2006/07/02(日) 22:20 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/223-2ecde0db

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.