弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

富士登山2日目

2006/08/30(水) 18:34:21

2日目
1:30 起床。横になれただけでありがたい。フリースも着込み完全防備。頭痛がとれない。目が覚める寒さと暗さ。

登山道でなければ登らないであろう急勾配の岩場。鎖を張っていることのみが登山道であることを示している。他のツアー客もどんどん押し寄せ、人の道ができている。渋滞の高速道路のような状態になっている。

3:00頃 9合目付近(3500m) 相変わらず急勾配。休憩のときに見る満天の星空がいい!
1、2列で通るのが精一杯の岩場の道が続く。
休憩をしていた他のツアー客が、わがツアーの間に割り込んで、僕は友人と分断されて、先を行く友人に追いつくために急加速した。このときが一番きつかった。暗いから誰が誰かわからんしw

4:30頃 ついに山頂に到着。さっきの急加速のせいで頭痛が…。汗が冷えてすごい寒い…。日の出まで30分近くあるし…。ご来光の場所取りもたいへんだ。頂上の最低気温は、午前4時の4.4℃。真冬ですやん。

5:00頃 ご来光を迎える。すげっぇぇきれい!!!下の湖と雲とその間から小さく顔を出した太陽。徐々に大きく明るくなって、すべてのものを赤く染め上げていきます。ガイドさんによるとこんなにきれいに見れるのは、運がいいとのこと。雨の予報が外れてよかった。これが見れなきゃほぼ徹夜で登った甲斐が半減ですよ。

(写真)ご来光の様子
s-DSC00082.jpg

s-DSC00090.jpg


s-DSC00093.jpg


s-DSC00095.jpg


コーンポタージュ(ホット)の缶を400円で購入。寒さがまじこたえる。インスタントの袋麺のラーメンが800円で売っていた。1袋50円程度だから高すぎ(笑)富士山の山頂では気圧が低いので、米をうまく炊くことができないらしいですね。圧力鍋を使っているのでしょうか。
菓子の袋はパンパンに膨らんでいます。
それからトイレは200円だったかな。頭痛でテンションが低くほとんど写真は取れなかったのが残念。

6:00 下山開始。下山道は広く斜面に沿ってなだらかなジグザグ道。かなり下りやすい。けれども、ごろごろと握りこぶし大の石が転がっていて、石を強く踏む度に頭に響いて痛い。
s-DSC00096.jpg

晴れていて気分はいいけど、頭痛が…。途中から雲が覆ってくれたおかげで直射日光を浴びずに済んだため、疲労が少なかった。友達に先頭集団を外れてゆっくり行ってもらった。赤土の斜面に高山植物が続く。
s-DSC00097.jpg

s-DSC00099.jpg


8:30 五合目に下山。3番手で、先頭から15分遅れで到着。結局早い下山となった。出発の10時までお土産屋などで過ごす。神社で無事帰還の挨拶もした。
s-DSC00066.jpg



10:00 5合目からバス出発。50代のペアが登頂できなかったらしい。でも8歳の子は見事登頂できたらしい。敬服するわ。

10:30頃 温泉アンドバイキングの昼食。
足が少し痛むので、まめができてるかと思ったけど、大丈夫だった。
バイキングの昼食は、女性客が喜ぶ洋風・ヘルシー路線。皿に盛るだけで彩が豊かになります。写真撮ればよかった…。昨日の夜5時から何も固形物は食べていなかったのに、食欲がわかずほとんど食べませんでした。コーヒーとデザートのメロンは良かったけど…。バイキングなのに損した気分。

13:00 8時間半の帰路。
 
友人は爆睡なので、ヒマでした。テレビを消音でもつけてくれればありがたかった。
サービスエリアで買った栗の回転焼きみたいなのが、疲れた体を癒してくれた。

21:30 帰阪

《感想》
「人生は山という例えがありますが、登山は試練です。富士山では雨にも打たれました。しかし、星を見て、たわいもい言葉を掛け合い、歩みを進め、ついにはご来光を見ることができました。人生においては、われわれは頂上が見えない山を登っていますが、一瞬一瞬を大切にしたいものです。またそのとき得た経験は何物にも変えがたい財産となります。富士山に登るというのは、まさに人生を縮図のような気がします。」
以上、頭痛でおかしくなった校長の話を終わります

とにかく、いい経験になりました。気圧の変化や、標高によるトイレの使用料や物品の値段の違いなど、勉強になりました。500mlのペットボトルが200円で売っていても普通に感じるようになりました。日本にいながら常識を見事に裏切ってくれたところが大好きです。

実は今回頂上には登っていません。山頂の山小屋止まりで、あと数10m登ることができるのです。今度行くときは、ぜひ3776mの標識の前で写真を撮ってきたいと思います。またもう一度登れるといいな!
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:5
<< 教習技能14時間目ホーム全記事一覧富士登山1日目 >>

コメント

見事登頂おめでとう!
おかえり。 よく無事で帰ってきたねぇ。

写真で見るご来光もほんまにキレイやけど、それだけの苦労をして体全部で見たパノラマのご来光はすごかったんやろうね。

また会ったときに話聞きたいな。
URL|黒噛 #-|2006/08/31(木) 00:52 [ 編集 ]

登頂おめでとー!!
てか、ひさしぶりに来てみたのでなかなかのサプライズでしたね。

…むしろ、最後の写真キモ、、、いえ。なんでもありません。
URL|sei #-|2006/08/31(木) 01:28 [ 編集 ]

>黒噛
無事帰って来れてよかったー!!
頭痛が治らなかったらどうしようと思ったけど、大阪帰ったら治ったわ。普段頭痛にならないからかなり焦ったな。

充実感がじわじわ湧いてきて、日々をがんばろーって気持ちになったわ!

>sei
精神統一には富士山はいいかもしれないわー。
最後の写真は、「日本一高いところにある芸能人の像」なのかもしれないので撮っておいた感じですw
URL|ハゲナルド #-|2006/08/31(木) 02:51 [ 編集 ]

登頂おめでとうございます。
マスターが登ったころは、トイレは無料だったように
思います。環境問題で最近の山小屋のトイレの設備
はカネと技術をかけています。その影響でしょうか。
ともあれ、高山病に苦しめられながらも無事帰還
されたのは幸いです。
これからも、気になったら山登りをされてください。
都合がつけばご一緒させていただきます。
URL|2000円マスター #-|2006/08/31(木) 11:09 [ 編集 ]

今はしばらくは山登りをしたくない気分ですが、体が疼いた時には山に挑みたいと思います。
そのときは経験者と万全の用意で行きたいと思います。本当に山は危険ですね。
URL|ハゲナルド #-|2006/08/31(木) 18:55 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/261-1b89a5f8

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.