弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

北陸・信州の旅2日目

2006/09/08(金) 23:52:39

2日目は、長野のネットカフェを午前5時に起きて、軽井沢に。
旧信越本線の「しなの鉄道」に乗って進む。

午前7時、軽井沢は気温が16℃で肌寒い。
(写真)霧が覆う軽井沢
s-DSC00135.jpg

s-DSC00136.jpg

s-DSC00139.jpg

平日の早朝とあって店はどこも閉まっている。旧軽井沢の町並みを眺めながら、山道に到達。
碓井峠の見晴台に行くには、この道を登らなければならないのだが、友人がサンダルなので断念。内心サンダル履いてきてくれてありがとうと思っていましたけどw

s-DSC00125.jpg

碓氷(うすい)峠
s-DSC00126.jpg

栗と見たことないような古いアクエリ缶。
s-DSC00133.jpg

長野県はオリンピック開催地でしたね。軽井沢ではカーリングが行われたとか。
(写真)世間を賑わしたカーリング親父
s-DSC00137.jpg

(写真)東京オリンピックの馬術開催。
僕の好きな作家北杜夫が乗馬に関するエッセイで軽井沢で乗馬を楽しんでいたことが書かれていたことを思い出しました。40年ほど前だったか自動車があまり通らなかった頃には、馬でこの町を闊歩できたらしいですよ。
s-DSC00138.jpg

(写真)峠の釜飯をいただく。本当は隣の横川駅の名物。具だくさんで食べ応えがあった。小さなケースに入った漬物がおいしかった。少しづつだけど、野沢菜、わさび漬け、ごぼう漬け、きゅうり付け、梅干が入っていて、名産品を堪能できた。釜を洗って持って帰ってきたけど、何に使おうかなー。予想外に用途に困っていますw
s-DSC00141.jpg

皇室とゆかりの深い軽井沢。駅には慶事の看板が掲出される。
s-DSC00143.jpg


昼食を買って、お土産買ったら、アウトレットの店が見れなくなった。
ブランド品のはあまり興味がないけど、少しは見たかったかな~。
実家のお土産は、富士山のときについで野沢菜。
僕が好きという理由が大きいです。

午前11時軽井沢出発。

あまりにヒマなので、途中の駅でこんな写真を撮ってました。
観光案内にいたずらはやめような。
s-DSC00144.jpg



JRで日本一標高の高い野辺山駅1345,67m
平地を見下ろすことができないので、標高の高さはあまり実感できなかった。霧と雨が混じる高原を電車は走る。
s-DSC00152.jpg



名古屋駅構内の立ち食いきしめんを食べた後、午前12時帰宅。
帰るのに13時間かかった計算に…。

友達が、午前12時で誕生日を迎えたので、軽井沢で買ったお土産と走り書きのメモを添えて渡して別れました。3cm四方ほどのチーズケーキ風菓子だったのですけど、あまりにも発想が単純でした。
大阪から気の利いたものを持っていった方がよかった…。

とにかく、誕生日おめでとう!
16年目も経ったとは、時間は早いものですな。いらちでひねくれ者で神経質な僕にこんなにも長い友達はいないわ。今回の旅行でもあったように、今後は丸くなるように気をつけます。
座っているだけでもかなり疲れたと思うけど、いい思い出になりましたよ。


旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 2006年8月末2000円札発行枚数 ホーム全記事一覧北陸・信州の旅1日目 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/264-678927a5

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.