弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

テレビ事情と格差社会

2006/09/12(火) 02:51:06

今日はケーブルテレビの人が、電波測定に自宅にやってきました。
うちの地域は高層建築物などの影響で、電波障害が起こっているので、
地上波放送は、ケーブルから電波を受信しています。
もちろん受信に関する費用は無料ですが、家主が家賃から出してくれているのでしょう。

外部客は久しぶりなので、家を整頓しました。
収納スペースがないので、洗濯物の山?は風呂場に隠したりと大変でした。

ケーブルの人は30分くらい遅刻して到着。しかも、2時間の時間帯内で来ると予告していたので、結局ぼくは2時間半も待機していたことに。待機といってもテレビ見ていただけですけど(笑)斉藤君の大学進学決意の会見を生で見ることができたからいいか。

すぐに電波測定が終わりました。地上デジタルも見れるらしいです。
ちょっと進化した感じがしてうれしいです。

CS放送加入の工事費をまけるので、加入しませんか?と営業をかけられました。
金がないので、丁重に断りました。大リーグ、特にイチローは見たいですけどね。

営業の時間と計測の時間が同じくらいだったような。
付け加えると、営業マンっていっても、若くて凛々しい人で、悪い印象は全くありませんでした。

CS放送の受信料払う前に僕は、NHKの受信料も1回も払ってませんからねー。風呂に入っているときなど、何回か受信料の集金に来たようなのですけど、一回も集金マンにあったことがないです。

受信料は払いたくないというより、こんな低所得者からも取るの?って感じですね。
公共放送なら、学生の世帯には負担を求めなくもいいと思いますね。改革論では学生世帯料金を設けるらしいですけど、学生は教養を高めるためにも無料でいいと思います。

とりあえず、NHKの受信料集金業務を委託された外郭団体よ、請求書をドアのポストに入れときなさい!
僕は1回も受信料を納付を拒否したことはありませんよ。資料がないから受信料も把握できてないし、請求がないから納める必要性を感じないです。
集金が歩合制なのはわかりますが、僕のような取りっぱぐれを見ていると集金の人件費が無駄にしか感じられません。

僕は集金マンと議論するつもりはないので、請求書をいれてくれれば、来年以降金銭的に余裕があれば納付するつもりですけど、受信料義務化と減免処置は必ず実行して欲しいと思っています。善意で成り立つならいいが、仕方なしに受信料を納めている人が大半ですからね。

減免については、社会保険庁の職員が年金保険料を申請もしていない人を減免をした事例があってバッシングがありました。しかし、日本に減免基準に満ちた人は自動的に減免される仕組みになっていないとことに異を唱える専門家がいないことには不思議に思いました。

だから減免があることを知っている人だけが申請をし、得をする仕組みになっているのです。役所からは請求書などには、減免の申請方法は小さく記載しているだけです。某党は最貧困層に、こうした行政システムを教えることで支持を伸ばしてきました。教育を十分に受けることができなければ、救済措置など知ることができないことは大きな問題です。

自助努力は必要です。ただ、これが公平なのか?日本のためになるのか?
格差はあるのだから、否定せず負担に格差をつける必要があります。
NHKも公共放送として、この問題にどう立ち向かうのか注視していきたいものです。
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:2
<< 「なんじゅね?」2000円札流通促進大作戦!ホーム全記事一覧2006年8月末2000円札発行枚数 >>

コメント

拙ブログで触れていますが、
マスターも受信料は四半世紀支払いませんでした。
都会では結構多いみたいです。
URL|2000円マスター #-|2006/09/12(火) 22:53 [ 編集 ]

未払い者数の数の発表も少ないような気がするのも僕だけでしょうか。

都会のマンション、特に単身者向けではほとんどの人が払っていないように感じます。
URL|ハゲナルド #-|2006/09/13(水) 00:21 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/266-5f38643b

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.