弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

環境設備投資減税

2008/12/22(月) 21:28:56

自動車購入減税いいですね!
ハイブリッドカーや低公害車が普及することは未来への投資になるしね!


経済のインパクトを考えると自動車だけでなく、工場、オフィスの設備にも減税しないといけないですね。
省エネ、排出物の削減に寄与する設備を導入した際に減税(固定資産税,消費税)をすることはできないでしょうか。
環境負荷を定量的に(電気代、Co2排出量、廃棄物削減量など)を把握して削減量に対して税金の減免高を決めるというものです。
企業の設備投資を呼び込み、経済が活性化するとともに、次世代を意識した環境型社会を世界に先駆けて実現化することができます。

減税幅を決める方法には二つあると思います。

一つは、商品別に省エネランクを設定して減税する方法です。家電や自動車では製品ごとに省エネランクが星で表示されています。類似する製品が複数ある場合に有効です。消費者が家電を選ぶ際に、省エネを意識する要因になりました。

もう一つの方法は実際に省エネを実現化できた量に対して減税幅を決める方法です。この方法では他に類似製品がなく比較する指標がない場合にでも、減税を行うことができます。
設備を導入した企業側としてはISO14001と関連させるような定量的な省エネ,省資源活動の把握が必要となりますが、省エネ量に合わせて減税されます。政府としても政策効果が見えやすくなります。
そして省資源型設備の需要が増えれば新製品の開発が促進されます。日本では知的産業の活性化により付加価値の増大努めなければ生きていけません。
大規模な設備投資の呼び込み、新産業を創造するにはこの方法が不可欠でしょう。

オバマさんも環境投資政策をするそうですが、早く日本でも実行しなければ!!
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:2
<< 雪のヨーロッパホーム全記事一覧東京 >>

コメント

ちょwww

いつの間にかブログ復活してるwww
URL|びゃくや #-|2008/12/25(木) 09:43 [ 編集 ]

世界不況の影響で最近は帰る時間が早いので…。
URL|ハゲナルド #-|2008/12/25(木) 18:57 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/379-1010b202

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.