弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

http:のあとの//の不要

2009/10/21(水) 09:45:41

「wwwの父」がどうしてもやり直したいこと、それはhttp:のあとの//の不要化―米紙
10月16日13時20分配信 Record China



2009年10月12日、米紙ニューヨークタイムズは、「ワールドワイドウェブの父」と呼ばれるティム・バーナーズ=リー氏の記事を掲載した。15日、網易科技が伝えた。

同氏はウェブの開発に関してどうしてもやり直したいことがあるのだとか。それはウェブアドレスにhttp:の後につけるダブルスラッシュ(//)。ちょっとした解決策で使わない方法も考案できたのだとか。


結局、現在にいたるまで使われ続けているわけだが、どれほどの時間が無駄になったのか、印刷して浪費されたインクと紙はどれほどの量になるのかわからないとユーモアたっぷりに謝罪している。(翻訳・編集/KT)





wwwの開発者ティム・バーナーズ=リーが言っているという。

「//がないだけででどれだけのインクが無駄にせずにすんだか」

この冗談とも取れる発言だけど、開発者にとってはムダのない完璧なシステムを目指したかったはずで、結構後悔していたりしているのではないでしょうか。

このティム・バーナーズ=リーもワールドワイドウェブ(www)を特許を取らず無料で提供したにも関わらず日本ではあまり知られていません。
IT業界って商業的に成功しないとあまり知名度があがらないですね。

やはり国際的に知名度が上がるようなノーベル賞のような賞が必要ではないでしょうか。
商業的な成功を狙う人ばかりでなく、純粋な技術者を育てることで、万人が情報を手に入れて
誰にもでも幸せな将来の可能性を手に入れられるような社会は実現されるのではないでしょうか。

あと、ウィンドウズの起動時間なんとかして欲しいです。
画面のスイッチ押したら即起動とならないのでしょうか。
いらないプログラムは後回しに起動するとかして欲しいです。
人類のどれくらいの時間を無駄にしてることか。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 関空活性化賛成!リニア反対ホーム全記事一覧ゆめ咲線(桜島線)延伸反対 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/406-a4917852

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.