弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

北ヤードに国際ビジネス拠点を

2010/01/05(火) 13:17:20

アジア新興企業の日本拠点(支店,営業所)を大阪に集積させることを目的にした施設の建設が必要だと思う。大阪に海外企業が進出してくれないと経済は衰退する一方だ。東京ではなく名古屋ではなく福岡でなく大阪を選んでもらうにはアジアをターゲットにするのが一番いい。
お金のある海外企業は東京にしか目をくれない。しかし新興企業にとっては東京は地価が高く23区内にオフィスを構えたとしても遠方からの通勤を強いられる。大阪なら市内に住むことも容易で、物価も安い。もちろん経済規模も大きく、特に電子機器産業や金融の市場は大きい。
そんな大阪の北ヤードという一等地でオフィスを格安で貸してくれる施設があればある程度の需要が見込めるのではないだろうか。
高い賃料のビルを建設するのでは、ターゲットのアジア新興企業は集まらない。海外進出ってどうやるのという段階の勢いのある企業を集めるのだ。
大事なことは大阪が海外ベンチャー企業に投資をするつもりでやることだ。
いま税収はなくても将来的に巨額な経済効果と税金を納めてくれる。ヒトとモノだけを集めたら後からお金は付いてくる。
アジアの新興国のレベルは確実に「守・破・離」の破の段階に入ってきている。つまり先進国のモノマネからオリジナルを思考し始めている。オリジナルなことをやろうとすればモノマネでは解決できない高度な問題を抱えるがゆえ、解決を求める手段を海外に求めるのだ。(最終的には自分で解決するようになるのだが)
その時日本の成熟した市場や技術が必要になってくる。

大阪のビジネス街は新陳代謝が必要な時期である。日本のベンチャーがだめなら海外企業に進出してもらうべきだ。その契機として北ヤードでアジア新興企業向けに格安オフィスを提供することが必要だと思う。
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 論文「2000円札発行を省みる」を発表いたしました。ホーム全記事一覧シークレットサンタ >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/411-72453184

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.