弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アブシンベル神殿

2010/03/15(月) 22:05:20

この神殿には、深夜3時から起きてバスで行ったということで、しんどい思いをしたので印象的です。
休憩でもできたら満天の星空が見えたはずなのですが、治安の関係でノンストップでバスは暗闇の砂漠を走り抜けました。

↓アブシンベル大神殿、内部の神殿にはカラーのレリーフ(絵画)が現存している。
HI380324.jpg
↓大きいw
HI380329.jpg
↓ナセル湖。神殿はダムの建設によりこの湖に消え行く運命であったが、ユネスコによって移築された。
HI380333.jpg
↓大神殿と小神殿。これを見るためにホテルのプールで泳ぐのを諦めて早起きした。
HI380336.jpg
↓帰りの車窓。アブシンベルはスーダンとの国境とほど近いとのこと。人生一の辺境地に来た気分。
HI380337.jpg

アブシンベル神殿は見た直後はあまり印象に残らなかったですけど、旅を振り返った時に素晴らしい印象が残っていました。
エジプトに行きたいと思ったのは中学の時にさかのぼり、社会の先生がエジプトのアスワンハイダムとアブシンベル神殿に行ったことがあるか、行ってみたいと言っていて、子供時分そんな未知の場所に行ってみたいと思っていたことが大きいです。
アブシンベル神殿に行ったことは、ある意味夢が叶った瞬間だったのでしょう。
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 詩”Love Prison” ホーム全記事一覧カルナック神殿とルクソール神殿 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/422-1ee788ec

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.