弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

国際協力と資源分配―失業者と社会起業家

2012/02/14(火) 22:00:00

<国際協力>
世界の貧困問題を解決するには国際協力が欠かせないが、金銭的援助や食糧援助だけでは貧困層の人々が貧困から脱出することは困難であるという。貧困から脱出するには教育と質のいい雇用を創出することが必要である。
ある村には自転車も自動車もなく、薬も病院もない、電灯も携帯電話もない。先進国にいれば「あればいいのに」と思う物は数知れず、彼らの所得を増やすことが望まれている。

一方で先進国では車の新車販売が落ち込み、携帯電話の販売も頭打ちで、縮小均衡に陥っている分野も多く、従来の価格では買わないと言っている需要家に値段を下げて販売をしてなんとか生き残ろうとしている。そうなると組織は人件費や雇用を削減した人を評価するようになり、人を蹴落とすような競争をしなければ組織に生き残れず、精神状態も健全でない状況で働かなければならない。

<多様性>
最近、パレートの法則を持ち出して経済界から自然科学界に至るまでの幅広い事象を説明することがある。例えば働きアリの8割が働いて残りの2割は怠けている状況で、怠け者の2割を集団から取り除いてたとしても、残りの働きアリの2割は怠けるようになる。最近の研究ではその大多数のアリがクネクネと大回りしてエサの場所から巣まで歩いていても、怠け者のアリがショートカットが発見をして、全体が近道を利用するという。

頭脳がいい人ばかり集まったり、短期的利益を求める人が集まることはミクロ的には成功を収めるかもしれない。しかし大きく成功する人がいる反面、大多数が再起できないほどの失敗をする状態になったり、規制・汚職や脱税などがひどく蔓延るようになる可能性がある。マクロ的にはバランスがとれない状態になっている可能性が高い。社会の多様性が社会の調和を生み、全体最適の近道を教えてくれることを認識しなければならない。

(注:本来のパレートの法則は、売上の8割が顧客の2割から得ている状況において、2割の顧客に重点的に経営資源を投入する戦略などで使用されるものであり、多様性を重視するものとは全く別物のようである。80:20の法則と呼んだ方がいいかもしれない。)

<先進国の失業者>
先進国のホワイトカラー、特に管理職層は、縮小均衡の中で絶対人数が少なくなっているかもしれない。優秀な人材が縮小均衡の出世競争をされたものでは景気悪化がますます進行してしまう。
自分の価値が賃金とイコールとしか見れないため、給料下落を認めたくない失業者も多くいる。会社が必要としないからといって、社会から必要とされなくなったと感じさせてしまうような孤独な社会情勢は問題である。

あなたを必要とする人は、世界を見渡せば多くいるはずであり、国は経済波及効果の高い労働市場の拡大にもっと知恵を絞るべきである。


<社会起業家>
後発国において経済成長と雇用の創出には社会起業家の登場が望まれる。社会起業家とは社会の問題を解決するために営利・非営利を問わず起業する人のことである。<参考wiki>日本でも第2次世界大戦後の食糧難の時代にカルビーや日清食品などの企業が、援助物資として入手可能であった小麦粉をどうにか食糧難解決に有効利用できないかと考えて成功を収めた。

自転車もないような貧しい農村で一台の自転車を持ち込んで、自転車を修理できる自転車屋を養成し地域の生産性を高める。農機具の整備士を養成して農具レンタル店を作り地域の所得の向上を行う。農民が作った食材を使用する食堂を作り、農民が現金収入を得られるようにする。

社会起業家が一人でも増えれば、一人でも多く貧困が減らせるかもしれない。

<国際協力の経済効果>
後発国では「この村にあったらいいな」ということを少額のお金で簡単に実現できたりする。しかも経済効果は1年間で援助・投資額の数倍に上ることもざらである。後発国への援助や投資などはリスクが高いが、先進国では考えられないような投資効率を誇ることが知られている。
後発国は政変や紛争というリスクを選ぶのではなく、治安維持に努め安定した経済状況を確保すべきである。そうすればロー~ミドルリスク・ハイリターンとなる援助・投資事案は一気に増えて資金の流入も一気に増えるであろう。
「あったらいいな」と何人が思い、何人が行動に移せるか。貧困の中で夢を実現するにはいかに創造的な環境を作るが大きなカギを握る。先進国に住む我々は、豊かになることの素晴らしさを説き、彼らが豊かになれるように実現に向けて協力していかねばならない。

<先進国の失業問題と国際協力がつながる時>
先進国では優秀な人材が雇用余剰となっている。後発国にとって貴重な人材はまだまだ眠っているはずである。後発国は先進国の優秀な人材に、先進国のインフラや公正な行政システム、企業管理などを現地に合わせてコーディネートして欲しいと思っている。先進国が優秀な人材を国内で失業状態にしておくことは後発国にとっても不幸である。先進国は少額でも経済効果が大きい国際協力に余剰人員を振りまくように政策で誘導すべきである。

NGO活動や国際協力機関で活動を行っている人々は、世界の資源配分を適切に行うという尊大で付加価値の高い仕事をしているにも関わらず、報酬が低く改善の必要がある。
日本の国際協力機関であるJICAが行っている海外協力隊のウェブサイトを見ると、隊員は海外派遣中の現地滞在費は支給されるが、国内手当が月55000円のみである。国内に残る家族には何も他に手当がない。海外青年協力隊に参加するには言語審査があり高い言語力がある方が採用されやすいと推測される。言語に長ける優秀な応募者は国内で給与待遇がいい他の会社に採用される力があり、このような雇用条件(名目上はボランティア)では目的がどんなに崇高であっても、家族は海外派遣に絶対に反対するであろう。
(注:在職中に有給のボランティア休暇を取得して参加する場合には有給分がJICAから会社に補てんする制度があり、会社として推進する価値はあるようである。)

自衛隊の海外派遣の方が危険手当もあり報酬面で恵まれている。非戦闘地域に派遣され、武器を携行しており安全面でも比較的高いともとらえることができる。NGOや国際協力機関の海外スタッフは現地から見れば高所得者であり、誘拐などの犯罪に巻き込まれる可能性が高く安全面の配慮が必要である。学歴の高い優秀な人材も国際協力に積極的に参加できるよう、現地に赴き国際協力に携わっている人に対して報酬の助成を行うべきである。
仕事を辞めて国際協力機関やNGOで海外に派遣される場合、失業保険を海外派遣後だけでなく海外派遣中にも支給して、家族を扶養できるようにする。国際協力に優良な人材を進出させることを促進させる助成の一案であろう。

欧米に比べて言語の壁もあり、日本の国際協力は特殊な人だけが参加するものであったが、今後は積極的に取組むべきである。海外協力隊は現地からの派遣要請人員に対して派遣率が50~60%にとどまっている。国際協力の分野では質の高い人材がまだまだ足りていないことが分かる。
労働者が余剰しているのだから、帰国後の採用を有利にするなど知恵次第であまりお金をかけず問題は解決できるはずである。国は緊急に対策を行うべきだ。そして国際協力分野に短期も含め毎年1万人派遣するなどの目標を持って国は行動を行うべきだ。

国際協力は支援国にとっても将来の経済拡大に極めて大きな影響を及ぼし、国際感覚を持ち合わせた価値の高い人材の創出に役立つ。
国際協力は資源分配面から道義的に必要であるとともに、経済が停滞している先進国が自分たちが持て余している労働力や資産の価値を再認識し有効活用できるチャンスなのである。

<おわりに>
戦争に怯えて暮らす人々は第2次世界大戦のときより確実に少なくなっているし、世界には余剰するほどの食糧が生産され、環境負荷の少ない工場が工業製品を大量に作り、お金持ちが納税して貧困層に還元する社会システムがある。

いま幸せでない人がいるとすれば、資源の分配がうまくいっていないことが原因である。

食料不足の一方で肥満や食べ残しがあり、工場は不景気で操業を止めているし、納税という概念がないくらい社会が混乱している国もある。

足りないものをうまく分配することは誰かが損をかぶらない限り解決には時間がかかる。しかし全体として量が足りている資源を分配するだけであれば、工夫すれば解決できる。創造的で夢がある解決ができる。国際協力の充実と社会起業家の育成は、世界のあらゆる資源を最適に分配することにつながり、創造的で明るい未来を拓く一歩となるのである。


参考文献
世界を救う7人の日本人~国際貢献の教科書~世界を救う7人の日本人~国際貢献の教科書~
(2010/10/14)
池上彰

商品詳細を見る
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 金融規制と投資活動の両立のためにホーム全記事一覧受取に行きます! >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/475-67da694d

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.