弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本は低所得者層の社会保険料負担を

2013/01/22(火) 19:44:35

〈社会保険料を合法的に支払わなくて済む方法〉
厚生年金は正社員の3/4以上の出勤日数と勤務時間がないと加入しなくてもよい。計算すると15日程度の出勤日数か一日6時間以上を超えると厚生年金掛け金を支払う必要があると思われる。
失業保険は一週間の就労時間が20時間を超えると支払う必要がある。計算すると週4日で1日5時間以上働くと失業保険を支払う必要があると思われる。
国民健康保険は年収130万円以上なら扶養に入れず国民保険を自ら支払う必要がある。
配偶者控除を受けられなくなるので扶養家族は103万円以上は働くと損である。

日本の社会保険料制度は正社員の夫と専業主婦の時代の産物であり、非正規雇用が雇用形態の中心になっているのに時代の変化に対応しておらず大きな問題である。

(参考:パートタイマー等と社会保険の適用http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/pa-toshakaihoken.htm


〈企業が社会保険料をケチるので働きたくても働けない非正規雇用者〉
国民年金の未納問題が明らかになった後も下がり続けている。20年前までは80%後半だったのに、2011年度の国民年金保険料の納付率が過去最低の58.6%(朝日デジタル2012年7月5日20時34分)となった。昔の未納者には中小企業経営者が故意に支払っていない事例もあった。経費で利率のよい民間の年金に加入していて未納でも代わりの老後の収入があったのだ。過去マスコミは政治家など高所得者の年金未納を問題にしていたが、本当に支払ってもらわないといけない老後の収入がない人の未納問題を全くクローズアップされていない。国民はマスコミにもっと怒るべきである。無縁社会で社会保障に加入しない人の悲劇は恐ろしすぎるものがある。

捕捉すべきだが、捕捉できていない社会保険未加入、つまり非正規雇用者や短期労働者が多すぎる。
税金で半額の保険料支払いを行っているおいしい保険に加入しない国民が異常なのか、制度に無理があるとわかっていて支払わない賢い国民なのかどちらとも言えない。


「2011年には非正規比率が男20.1%、女54.6%と男女とも過去最高を更新(社会実情データ図録http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3250.html)」と雇用形態の主流は守るべき非正規雇用なのに、制度が非正規雇用者は社会保険料を支払わなくてよいのは間違っている。

会社は従業員が厚生年金や健康保険料に加入すると従業員が天引きされているのと同額を会社が支払う必要があり大変なのはわかるが、小売業などでは現場はほとんどパート・アルバイトなのに社会保険料をほとんど支払っていないのは、脱法的節税と同じであり、非難されるべきであろう。

がんばった人が多くの利益を得る社会ほど経済に活力出るはずなのに、現場を支える人たちが会社から社会保険料を払いたくないからこれ以上働くなと言われれば、景気など回復するはずがない。企業は利益になるし、人出が足りないし、もっと働いてくれというべきなのである。もちろん当日に残業を言われるような不計画な残業ではなく、事前に従業員と合意の上で行うべきである。

国は景気回復と安心できる社会保障構築のため、雇用形態の主流を占める非正規雇用者の収入を増やして、社会保険支払者を増やすべきである。

〈パート等非正規労働者に対する社会保険料徴収案〉
配偶者を含む国民全員が自立した社会保険加入者と見なす制度変更を行う。
②配偶者や低所得を理由とする厚生年金・国民健康保険未加入者に対しても、加入対象者を大幅に増やす。源泉徴収できる加入者数を高める。
③配偶者や低所得者が負担する必要がある国民年金などの社会保険料の半額を会社が負担し、半額は国庫から支出すること。長期的には国庫の負担を低減していくこと。(社会保険料の会社負担額増加)
③厚生年金の上限額を低くして中・高所得者の社会保険支払額を軽減する。中・高所得者の社会保険料会社負担分を軽減する。社会保険料が少なくなるので控除額も少なくなり所得税の増収も見込める。
④民間保険の税額控除額を増やす。中・高所得者は任意で民間の年金・保険に加入する。

〈まとめ〉
かなりの人が社会保険料を払っていない事実は、財政の見通しをネガティブと判定せざるを負えない。


社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ブレークタイム~受益証券にいいね!ホーム全記事一覧ブレークタイム >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/492-ab9e22c3

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.