FC2ブログ
2014. 09. 16  
今日は快晴です。
今日はロマンチック街道バスというバスに乗ってロマンチック街道をひたすら南下します。
朝8時から夜8時まで、いくつかの町で休憩を挟みながらノイシュヴァンシュタイン城のあるフュッセンまで駆け足でめぐります。


バスの始発はフランクフルト駅前です。
P6280794.jpg

トラムやレンタサイクルなど環境にやさしい乗り物が充実している印象があります。
P6280792.jpg

朝食は駅ナカのパン屋でコーヒーとフランフルトが入ったパン。スーパーで安かったカマンベールチーズ。
P6280797.jpg

欧米のトラムは格好いい。
P6280807.jpg

しばらくアウトバーンを疾走すると、田園風景が広がります。環境大国ドイツらしくあり風力発電や太陽光発電設備もあります。
P6280806.jpg

ヴュルツブルク で15分の観光休憩。
P6280808.jpg

ヴュルツブルクのレジデンツ。世界遺産にもなっている宮殿前で撮影。中のフレスコ画は世界一の面積を誇るらしいです。
P6280809.jpg

噴水は広場には欠かせません。
P6280810.jpg


ヴァイカースハイムに到着。
写真に写っているがロマンチック街道バスです。
P6280812.jpg

かわいらしい町並みです。
P6280815.jpg

風情があります。
P6280816.jpg

城の入り口です。内部に入るのは有料です。結婚式をするカップルが入っていきました。
P6280822.jpg

庭園がきれいです。
P6280820.jpg

次の目的地へ出発。アイスクリームを食します。
P6280823.jpg

ローテンブルクです。ロマンチック街道の1,2を争う人気都市。第2次世界大戦の空襲で半数以上の建物が破壊された言われているが、歴史資料や市民の記憶をもとに忠実に再建した都市です。

P6280824.jpg

時計台は西洋の町には欠かせません。
P6280825.jpg

美しい町並み。テーマパークではなく本当に人が生活していることが驚き。
P6280826.jpg

商店もあります。
P6280827.jpg

車社会なのか車が多く停車しています。
P6280830.jpg

城壁は上れます。
P6280831.jpg

人懐っこい猫で触っても嫌がりません。
P6280833.jpg

ベランダから花を見せて、景観に彩りを添えています。
P6280834.jpg

おしゃれな料理屋さん。
P6280835.jpg

バイオリン弾きがいても違和感のない風景。
P6280837.jpg

テディベア専門店。名物らしいです。
P6280839.jpg

さて小一時間の休憩を挟み、再びバスに乗り込みます。
P6280840.jpg

街中をバスを通り抜けて生きます。
P6280854.jpg

新しい町に到着。この写真の教会を上りたかったのですが、バスの停車時間が15分なのであきらめる。
P6280855.jpg

もともとは隕石のクレーターの上に町ができたものということです。
漫画のモデルともいわれる有名な都市であることに気がつきます。
P6280857.jpg

ネルトリンゲンという表示が見えます。、
P6280858.jpg

次の町へ移動。風景がきれいで移動が苦になりませんでした。
P6280861.jpg

住宅も屋根が暖色系でおしゃれ。
P6280860.jpg

アウグスブルクに到着。15分の停車時間でスーパーに立ち寄り、買い物。
P6280869.jpg

坂道にかかる階段で。
P6280868.jpg

15分の休憩で買ったケーキを食す。小さく見えるけど日本の2個分はあります。普通に食べていますが、バスの車内は飲食禁止かもしれないので注意してください。
P6280870.jpg

ミュンヘンを過ぎてさらに美しい田園風景をすぎます。
馬や牛の放牧と小麦畑の風景が続きます。のどかです。
P6290871.jpg

世界遺産ヴィース教会で15分の休憩。明るいけど夜7時を過ぎています。
P6290876.jpg

入場時間が過ぎていますが、お祈りの時間のためなのかドアが開いていたので、バスの乗客たちは中を見学することができました。
P6290873.jpg

美しい内壁画です。
P6290875.jpg

再びバスに乗り、終点フュッセンへ。

サプライズでノイシュバンシュタイン城がきれいに見れる撮影ポイントで止まってくれました。
P6290887.jpg

明日の朝内部に潜入します。
P6290888.jpg

終点はもうすぐ
P6290890.jpg

12時間かけて終点フュッセンまでやってきました。
P6290893.jpg
ライトアップしていると町並みがおしゃれです。
P6290894.jpg

アジア料理の夕食です。ヨーロッパは外食は高いけど、量が日本の2倍ありますよね?チキンを2枚も載せていますよ。
P6290892.jpg
NEXT Entry
ヨーロッパ旅行ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア3日目
NEW Topics
国際援助の拡充で、世界経済の底上げを
ジャパニーズ・マークの認定を
ヒューマニティと経済学における相対性
経済学上での「ヒューマニティ」
ファンダメンタルとテクニカルの複合分析
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の30代男性(2019年4月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

    猶、不正アクセスは監視されていますし、みっともないのでやめましょう。

    当ブログは著作権を放棄していません。一切の権利は管理人ハゲナルドに属しています。当ブログに関する権限に関して、金銭を含む第三者との交渉を、代理人に依頼することはありません。その交渉の結果、発生した損害に対して、当ブログは賠償責任を負いません。
    当ブログの運営上の秘密もしくはプライバシーの権利に対する侵害行為には、法的措置または、社会的制裁を含む報復措置を行います。
最近の記事+コメント
全記事表示リンク
資源の有効活用2000円札の利用促進
ツイッター
PR
ブログ内検索
検索したい記事を検索します。
フリーエリア

Powered by RSSリスティング