弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ヨーロッパ旅行ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア3日目

2014/09/17(水) 19:20:02

今日はまさかの雨。このところ旅に出かけても晴れが多くて、天気予報すら見ていないかったので、残念。

P6290897.jpg

朝一にノイシュヴァンシュタイン城の予約を入れていたが、チケットセンターまでのバスが日曜はなく、仕方なくタクシーで行く。10ユーロちょうどでいけるので、複数人で行くならタクシーもありかも。
チケットセンターから城のある山の上までバスで行く。徒歩30分か馬車の選択もあるらしいが、バスがオススメ。
バスを待つ間は豪雨でしたね。
P6290899.jpg

バスでマリエン橋まで。渓谷にかかる吊り橋で城がきれいに見れます。
P6290911.jpg

橋から見る城は絶好の撮影ポイントです。
P6290901.jpg

何枚も写真を撮ってしまいます。
P6290902.jpg

橋の下は滝になっています。
P6290904.jpg

ホーエンシュヴァンガウ城も眼下に。
P6290907.jpg

いよいよ城に近づきました。この城の見学はツアー制となります。
P6290910.jpg

誘導係の後ろをイヤホンガイドを持って付いていきます。
アジア系の人に人気です。中国人ツアー客の後ろだったので、中国語のイヤホンガイドを渡されるたので変えてもらいました。
P6290914.jpg

内部は撮影禁止ですが、出口付近には撮影可能箇所も。
P6290915.jpg


P6290913.jpg

城から出ると湖がきれいです。
P6290916.jpg

城を下から撮影してみる。
P6290917.jpg


バスで駅前に戻り食堂でランチを。
P6290922.jpg


ドイツ名物のソーセージとビール。
P6290923.jpg

さてノイシュバンシュタイン城を見た後の予定は、イタリア・ティラーノまでひたすら鉄路で9時間の移動です。
P6290920.jpg

2等車のいすは若干薄めかも。個人的に座り心地には問題ないです。
P6290925.jpg

乗り換えのため下車したリンダウ駅です。
P6290930.jpg

湖畔の町ですが、あいにく雨。さっさと列車に乗り換えます。
P6290927.jpg

乗り換える列車を探します。
P6290928.jpg

ここからは国際路線ということで豪華な列車。オーストリア経由スイスへ。
P6290934.jpg

山と工業地帯が広がる風景を抜けてスイスに入国。パスポートも見せる必要がありませんでした。
P6290942.jpg

スイスパスを有効にします。
P6290941.jpg

スイスの長距離線はほとんど30分に一本に走っていてわかりやすいです。2階建てにしているのは輸送力を強化するためだとか。
P6290943.jpg

車内はなかなかおしゃれな雰囲気です。
P6290944.jpg

山岳地帯に入り、雨が雪に変わります。もう7月ですよ。8月に事故で列車が脱線した場所も通り過ぎます。
P6300957.jpg

避暑地として有名で冬季オリンピックも開催されたサン・モリッツに到着。
すごい雪です。避暑のレベルを超えていました。
P6300965.jpg

駅前の高級そうなショップも日曜のため休み
P6300960.jpg

本当は湖畔を歩く予定でしたが、寒すぎるし荷物が重いということで断念。
P6300962.jpg

乗り換え待ちの駅前です。まるで冬ですね。
P6300966.jpg

日が暮れてイタリア・ティラーノに着きました。
日曜の深夜ということで店がほとんで開いていなくて、ホテルでバーを紹介してもらい、本場のピザとビールの夕食。
P6300967.jpg

旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ヨーロッパ4日目スイスホーム全記事一覧ヨーロッパ旅行ドイツ2日目 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/506-4488f1a3

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.