弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ヨーロッパ旅行スイス5日目

2014/09/19(金) 17:07:46

おはようございます。ホテルから小さくマッターホルンが見えています。部屋に備え付けのインスタントのコーヒーを飲みながら、少し眺めていました。

P7011173.jpg

チーズとパンを挟んでサンドイッチ。サンドイッチばっかり食べています。
P7011177.jpg

ホテルを出発です。
P7011176.jpg

今日はロープウェイに乗ってグレーシャーパラダイスからマッターホルンを見に行きます。
P7011180.jpg

ロープウェイ乗り場まで循環バスを利用。ロープウェイ乗る人は無料らしいです。
ロープウェイ乗り場に到着。
グレーシャーパラダイスまで往復するとスイスパスの半額特典を利用しても5000円かかります。
P7011183.jpg

始発で行きましたが、人がたくさん待っています。小学生がスキー板を持った団体もいました。近くにいた日本人ガイドによるとサマースクールに参加している子どもたちで、学校を離れていても修学単位に認められるそう。
P7011184.jpg

あいにくマッターホルンは半分隠れています。
P7011187.jpg

ロープウェイに乗車。あっというまに地上が小さくなっていきます。
P7011191.jpg

ロープウェイを乗り継ぎます。標高2000m弱。
P7011192.jpg

始発でこの混雑はすごい。
P7011193.jpg

森林限界を超えたようで植物が生えていません。
P7011198.jpg

目の前には氷河かな。
P7011201.jpg

ここで標高3000m弱。まだ乗り換えて上ります。
P7011202.jpg

駅からの風景。風が冷たいです。
P7011203.jpg

ロープウェイに乗車
P7011204.jpg

3000m超えても上り続けます。
P7011205.jpg

あっという間に目的地のグレーシャーパラダイスに到着。3831メートルです。
P7011207.jpg

4000m級の山々が目の前にあります。
P7011210.jpg

パノラマ写真で撮影してみました。
P7011219.jpg

-5度の表示があります。
P7011211.jpg

展望台からの眺めです。
P7011220.jpg

360度山に囲まれている壮大な風景です。
P7011221.jpg

帰りのロープウェイを待つ間、自販機でコーヒーを買って体を温めます。
P7011230.jpg

ロープウェイで下ります。
P7011232.jpg

雪山にいると緑が懐かしい。
P7011234.jpg

この日はずっと顔を半分かくしていたマッターホルンちゃんでした。
P7011239.jpg

予定は前後させても、天候のいいときに上るのがやはり鉄則です。
P7011246.jpg

ツェルマットの町に帰ってきました。高山植物も花を咲かせています。
P7011248.jpg

スーパーでお土産を買ったらすぐに出発です。
これからインターラーケンに行きます。
P7011250.jpg

昼食はパンとチーズ。ビールもあります。
P7011252.jpg

列車をいくつか乗り換えます。
P7011255.jpg

赤い列車ばかり乗っていたので新鮮な色です。
P7011258 - コピー

座席はこんな感じ。
P7011259 - コピー

トラックをそのまま列車に乗せています。日本にもあってもいいと思います。
P7011260 - コピー

インターラーケンオスト駅に到着。すぐに目の前のブリエンツ湖観光船に乗船。スイスパスを持っていると無料です。
P7011264 - コピー

出発です。
P7011265.jpg

2つの湖をつなぐ運河を通行中です。
P7011267.jpg

大きさはわかにくいですが、日本では見たことのない大きな白鳥です。
P7011266.jpg

ブリエンツ湖畔の町並みです。木造の家がスイスらしい風景を作っています。
P7011272.jpg

日差しがないと、風もあり肌寒いです。しかしこの湖の美しさは素晴らしい。遠足なのか子どもたちがアイスを買ってもらってうれしそうでしたが、寒くないのかと思います。
P7011273.jpg

1時間ほどの遊覧でブリエンツ駅に到着。
P7011280.jpg

駅前からブリエンツ・ロートホルン鉄道に乗車します。SL機関車が逆向きで連結されて急こう配を昇降します。最終便だったので、頂上の滞在時間は10分ほどしか取れないです。
スイスパスの特典を利用して半額の約5000円を支払います。夕食はサンドイッチ確定です。普段はUSJやディズニーランドを高いという人間なんですが、スイスの鉄道の歴史の風景はプライスレスです。
P7011284.jpg

発車します。
P7011279.jpg

スイスにもアジサイが咲いてました。
P7011285.jpg

上っていくとエメラルドに輝く湖がきれいです。
P7011286.jpg

乗客はまばらです。山に頼りなく敷かれた線路を上っていきます。
P7011288.jpg

絵具を撒いたようなような湖。名もしれない世界遺産よりも感動しました。
P7011289.jpg

ぜいたくな車窓を窓を開けっ放しで進みます。
P7011296.jpg

給水とすれ違いのため停車
P7021304.jpg

対向車線の人の多さをみて、人気を痛感。
P7021305.jpg

牛がのどかさを演出
P7021310.jpg

勾配がわかります?
P7021308.jpg

だいぶ高い所まで上がってきました。
P7021320.jpg

車窓は動く展望台です。スタートから1時間、ゴールはあと少し。
P7021323.jpg

2244mロートホルン駅に到着。
P7021327.jpg


雪で曲がったレールを補修する写真です。冬場は運行されませんが、雪のためメンテナンスが大変というのが理解できます。
P7021329.jpg

帰りの時間が近付いており、すぐ見えている山頂にも行く時間がありません。
P7021330.jpg

帰りも機関車は逆向きで出発です。
P7021341.jpg

日本ではこんな急こう配を味わえないでしょう。
P7021343.jpg

「牛さん~どいて~」
P7021344.jpg

どっしりしています。
P7021345.jpg

だいぶ降りてきたところで雨がぽつりと。
P7021353.jpg

客車のフードを閉めます。
P7021358.jpg

ブリエンツ駅に到着。
P7021361.jpg

駅舎です。
P7021363.jpg

雨がやんで虹がかかりました。
P7021364.jpg

すっかり明るくなりました。
P7021367.jpg

グレッシャーパラダイス、ブリエンツ湖遊覧、ブリエンツ・ロートホルン鉄道内容の濃い一日でした。
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ヨーロッパスイス6日目ホーム全記事一覧ヨーロッパ4日目スイス >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/509-81dfd0b9

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.