弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ヨーロッパ旅行スイス7日目

2014/09/21(日) 17:19:55

ドイツ・スイスに渡ってお送りした、乗り物に乗ってすばらしい景色を眺める旅は最終日です。
昼の飛行機で帰るまでに、ユングフラウの山を見たいと思っています。

朝、ホテルの窓から山が見えます。今日は山が見えるかもしれません。
P7030005.jpg

ということで始発の電車に飛び乗って、ユングフラウの山を見に行きます。
ユングフラウ鉄道は金銭的にも普段が大きく、昨日乗ったばかりなので、今日はシルトホルン展望台にいきます。ミューレンまでスイスパスで無料で、シルトホルンまでロープウェイが半額で4000円ほどです。東京スカイツリーの展望台の料金が良心的に感じてきます。

まずミューレンまで電車で移動です。
P7030011.jpg

駅にはこんな機械がついています。
P7030010.jpg

後ろの貨車に物を搬送するリフトなんですね。
P7030012.jpg

ちらっと雪山が見えます!
P7030009.jpg

気温が高くなると雲が消えていきます。
P7030014.jpg

ミューレンに到着
P7030019.jpg

鉄道駅からロープウェイの駅まで15分ほど。花がおしゃれ。
P7030020.jpg

山の心地よい空気を吸いながら朝の散歩です。
P7030021.jpg

ロープウェイ駅前。大きな置物です。高い山まで運ぼうとする精神はすごいです。
P7030028.jpg

アルプスの山がきれい。
P7030032.jpg

ロープウェイは出発。眺めがいい。
P7030037.jpg

中間駅でロープウェイの乗り換え。
P7030036.jpg

日差しがあるし、意外にあったかいです。
P7030038.jpg

視界の真横がアルプスの峰。ずいぶん上ってきました。
P7030039.jpg

シルトホルン展望台に到着。
P7030047.jpg

360度パノラマです。山に囲まれています。
P7030042.jpg

地上の町も見えます。
P7030046.jpg

山々は雪をかぶっています。
P7030044.jpg

裏側はユングフラウ山系です。標高が高いので緑は見えません。
P7030043.jpg

標識によるとモンブランがかすかに見えるとのこと。奥の山がそうかな。
P7030045.jpg

すばらしいの一言です。
P7030051.jpg

駅がある展望台から200m歩いたところにも展望台があったのでいってみます。
せっかくトレッキングシューズをは履いてきたので、プチ雪山登山です。
P7030054.jpg

もうひとつの展望台に到着。
P7030053.jpg

名残惜しいけど、アルプスの山とも、スイスともお別れです。
今回の旅、景色が本当によかったです。写真で伝わればよいのですが、いかがでしたか。

P7030060.jpg



旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 伏見稲荷大社と宇治の平等院へホーム全記事一覧ヨーロッパスイス6日目 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/511-9443d4cb

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.