弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ペルー旅行2日目経由地ボゴタ

2015/03/30(月) 22:28:46

深夜にニューヨークの摩天楼に別れを告げて、機内泊をしました。
移動・移動で24時間横になって眠っていないです。
本日はコロンビアに向かい乗り継ぎ待ちを利用した市内観光をした後に、目的地のペルーリマへ向かいます。

P2260061.jpg

機内泊後やってきたのは、一生来ることはないと思っていたコロンビア・ボゴタ国際空港。
P2260062.jpg

P2260063.jpg

バスを待っています。
P2260064.jpg

コロンビアというと麻薬などのイメージがありましたが、首都ボゴタには普通に近代的なビルもあります。
思ったより栄えています。
P2260067.jpg

朝食です。朝食は機内でも食べたので、食べてない人もいましたね。
P2260076.jpg

機内泊の疲れをいやすために、ホテルの部屋を与えられました。
P2260077.jpg

2階建ての立派な部屋でしたが、食事時間を合わせて2時間もないので、シャワーを浴びて終わりです。
P2260078.jpg

ホテルの周辺をうろつきます。近代的なトラムが走っています。
P2270079.jpg

スタンドのフルーツ売り。南国っぽいです。
P2270081.jpg

コロンビアでOSAKAの文字がありました。日本と関係するのでしょうか。
P2270082 - コピー

コロンビアの街並み。
P2270083.jpg

バスに乗って空港に向けて出発です。
P2270085.jpg

近代的な遊園地がありました。
P2270089.jpg

こちらの飛行機でペルー・リマへ向かいます。
P2270091.jpg

機内でコロンビアのビールをいただきます。
P2270092.jpg

さて無事リマ国際空港に到着です。2~3時間でしょうか。
P2270094.jpg

新市街はきれいな町並み。
P2270101.jpg

こちらのホテルで宿泊です。
P2270099.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ペルー旅行3日目ナスカの地上絵ホーム全記事一覧ペルー旅行1日目アメリカ、ニューヨーク乗継待ち >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/513-b643becb

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.