弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

共通通貨における国債保険の導入

2015/08/27(木) 13:34:54

〈共通通貨〉
ユーロは経済力の弱い通貨も統合することにより、規模の拡大を図ってきた。
先進国にとっては通貨高を抑える要因となり、その他の国にとっては金利の抑制やインフレ率の抑制につながっている。
決済に関する利便性以外にも、両者にとって利害があり、簡単にはユーロを抜け出せない要因となっている。


無秩序に国債を発行し続ける先進国の通貨よりも健全なのに、ユーロのシスメカリズムな運用が、批判されるのもおかしいと感じる。
しかし、ユーロが低信用国の 危機を招いたことは反省し、改善する必要があるし、後始末が長引いていることも大いに反省するべきである。

〈ギリシャへの対応策〉
ギリシャ危機に関しては、債権者が多いように感じる。全ての債権をユーロ加盟国が一旦買取るくらいのことをして、金利低減や長期化を含むテクニカルなデフォルトを行い、債権整理後に新しいギリシャ国債を発行するべきだ。ギリシャがユーロに残留したいという希望があるかぎり、話し合いには応じるべきだが、残留ありきでもない。

EUは国債保険を導入するべきである。
ユーロ加盟国はユーロ建て国債の発行残高に対してデフォルト保険料を毎年支払う。
信用度により保険料を変えるなどの工夫が必要であろう。

今回のデフォルトに対して発生する損害も遡って保険金を支払うべきである。同時にギリシャには粉飾の罰金を課すべきである。
EUは金融取引税よりも国債保険制度の導入を促すべきである。

またCDSの過剰な引き受けをしていた金融機関を調査して、場合により罰則を課す必要がある。CDSの引き受けの規制も合わせ強化すべきである。大きな銀行をつぶせないことが、今回の騒動を長引かせる要因となっている。


〈難民・移民〉
他経済圏からの移民問題に関して、国際機関や国内の立法機関や行政機関が、100%の移民の受け入れを指示や命令しない限り、移民上限を設けることは現状では致し方ないと思われる。

一方で、難民の発生数は過去最大規模となっており、具体的な対策が求められている。

イスラム系の移民難民に関しては、安全と自由が保証されたイスラム圏の国に送還できるような協定を結ぶことが比較的問題の解決になる可能性がある。具体的には、ヨーロッパに比べ、物価の安く、失業率が低位な国へ送還が考えられる。
もちろん移民難民を送還を受け入れる国には街造りや職が見つかるまでの資金提供を行う必要がある。具体的には50億ユーロを超える額を難民移民問題解決のためにEUは投じるべきである。

〈ユーロの今後〉
ギリシャ問題が早期に解決されるべきである。しかし他通貨に比べてユーロが通貨高になる可能性が高い。
失業率や物価などを域内国間で調整できるような政策を推進していくことが大きな課題である。

民間を含めて大規模な投資を支援する仕組みを強力に推進していくべきである。


社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ペルー旅行5日目後半ホーム全記事一覧国際援助における基本的開発交換プログラムの拡充を >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/527-9deaf52f

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.