弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ペルー旅行5日目後半

2015/08/31(月) 22:11:07

この日、マチュピチュ駅に降り立ちました。世界遺産マチュピチュはまだ山の上。

P3010356.jpg

お土産街やお店など小さな町になっています。
P3010358.jpg

マイクロバスに乗ってくねくねした道を行きます。
P3010364.jpg

山の中に入っていきます。
P3010366.jpg

20分ほど走ると、遺跡がありそうな雰囲気が漂います。
P3010379.jpg

バスを降りて階段を上っていきます。軽い登山です。
P3010381.jpg

P3010380.jpg

世界遺産マチュピチュに到着です。
P3010385.jpg

雨が多かったのですが、なんとか霧が覆うこともなく、雨も降っていません。
P3010387.jpg

P3010387_20150831183735314.jpg

P3010389.jpg

P3010392.jpg

P3010394.jpg

マチュピチュ遺跡にはいっぱい動物がいます。リャマだったと思います。
P3010395.jpg


マチュピチュにくるために地球の裏まで遥々きました。いくら写真を撮っても撮り足りないです。
P3010397.jpg

P3010398.jpg

P3010399.jpg

P3010400.jpg

P3010401.jpg

P3010403.jpg

隣の山まで行けば、マチュピチュを上から見ることができます。でも今回は滞在が3時間。いけませんでした。
P3010405.jpg

動物がいると癒されます。
P3010407.jpg

この蝶か蛾も人懐っこくて動きません。
P3010409.jpg

P3010415_201508311859177d9.jpg
下を見ると棚田にように遺跡が残っています。
P3010416.jpg
遺跡の下は渓谷になっています。


P3010417.jpg

はいチーズ!
P3010418.jpg

P3010419.jpg

P3010420.jpg

P3010422.jpg

P3010423.jpg
ベストショット!
P3010424.jpg

P3020425.jpg

P3020429.jpg

P3020428.jpg

P3020426.jpg

P3020430.jpg

P3020431.jpg

P3020432.jpg

P3020434.jpg


P3020435.jpg

P3020436.jpg

P3020437.jpg

P3020442.jpg

P3020443.jpg

P3020447.jpg
ガイドの案内で遺跡内部を散策です。
P3020449.jpg

P3020452.jpg

P3020451.jpg

P3020453.jpg
チケット事務所付近まで下山してレストランで食事をします。
P3020455.jpg

P3020456.jpg
食後もう一度遺跡へ
P3020457.jpg

P3020458.jpg

P3020459.jpg

P3020460.jpg

P3020462.jpg
ふもとまでバスで下山。激流の川
P3020463.jpg

P3020464.jpg

P3020466.jpg
帰りも電車で移動です。
P3020465.jpg

P3020467.jpg

P3020468.jpg

P3020470.jpg

P3020471.jpg

P3020477.jpg
ここからは車窓の写真です。
P3020480.jpg

P3020482.jpg

P3020484.jpg

P3020485.jpg

P3020487.jpg

P3020488.jpg

P3020489.jpg
豚も放牧です。ほのぼのします。
P3020492.jpg

P3020493.jpg

P3020495.jpg
目的地に到着。川沿いを走る車窓がすごく楽しいかったです。
P3020496.jpg

P3020499.jpg

P3020500.jpg

P3020501.jpg
ホテルに到着。植物園の庭園かと思うくらい花が植えられていました。
P3020503.jpg

P3020506.jpg

P3020508.jpg


旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< ペルー旅行6日目ホーム全記事一覧共通通貨における国債保険の導入 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/529-79d39324

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.