弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

タイ・カンボジア

2016/11/27(日) 21:29:16

今回は正月休みを利用した旅行です。日本は寒いので、ビーチとアンコールワットを楽しみにいってきました。

チャイナエアラインで台北経由のバンコクへ。チャイナエアラインは台湾の航空会社で前回ペルーに行ったときにもニューヨークまで利用したのですが、食事サービスともになかなか満足度は高いです。

今回乗った飛行機は座席が進化していて、リクライニングしても座席が倒れず、座っている部分が前方に稼動するタイプでした。

最近LCCの利用が続いていたのでエコノミークラスでもリッチな気分になります。

エコノミーではサービスをできるだけセルフサービスにしてほしいです。食事や飲料の選択は搭乗前に済ませたり、入国カードはゲートで配るなどの工夫が欲しいところ。眠たいのに食事の配膳がスムーズに来ないのはちょっとしたストレスをかんじるものです。

今年は航空券が安く、年末の間際に購入したのに、格安航空券より安く買えました。その代わり、乗り継ぎの時間が空いたり、深夜到着だったりします。




台北のラウンジ。第1ターミナルのラウンジが工事中だったため、第2ターミナルまできました。歩くと20分くらいかかりました。乗り継ぎまで7時間くらいあったので、ゆっくりと利用させていただきます。

台湾料理も食べられるのですが、焼き芋が蜜芋となりおいしいです。




航空券(関空→タイ)40000円
航空券(タイ・バンコク→シェムリアップ)13000円
3000
宿泊費16700
タクシー550バーツ
朝飯80バーツ

スカイスキャナーで航空予約サイトを複数検索した結果。ライオンエアーで、タイ・バンコクからシェムリアップまで移動です。
LCCなのですが、豆貸しとおしぼりが出てきました。直前予約と大晦日ということで価格は高かったです。



シェムリアップまでわずか1時間でした。小さな空港です。


バス等も無いので、割安な3輪タクシーを利用します。こっちの物価で5ドルは高い。


ホテルにチェックインして、バイクタクシーでアンコールワットへ。
午後からトレンサップ湖クルーズのオプションツアーがあるので30分ほどしか滞在できません。

バスが無いのでバイクタクシーはよく利用しました。価格交渉も必要だけど、一人ではこれが一番安い移動手段です。



とりあえず、アンコールワットの写真を撮りました。明日もツアーで行くんでさっと行って帰ってきました。













ホテルの隣の食堂での食事です。牛肉の炒めもので2米ドルです。味付けも東南アジアより中国寄りで日本人の口にもよくあいます。ビールも飲食店の中なのに1米ドルという超驚き価格です。


貝の甘辛く炒めたものも店頭で売ってておいしそうだったので、追加注文。1米ドルで山のように来ました。味はしじみでした。




ソフトクリーム 22バーツ
アンコールワット遺跡3日券40ドル
トックトック モタバイ 5ドル 3ドル 3ドル
食事4ドル
夕食7ドル 7ドル
現地ツアー40ドル
70ドル
トックトック2ドル1ドル1ドル
バス 28
1
土産150バーツ
コンビニ60バーツ
洗濯72バーツ
空港飲み物 75バーツ
タクシー100 180
交通費2 2
朝食3
ガイド本2000円

オプションツアー1600バーツ
タクシー600バーツ
130バーツ

台湾

空港往復250元
お土産250元
夕食130元
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 神戸ルミナリエホーム全記事一覧政府は地震対策におけるプレート細分説の見解説明を。 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/544-1c0b5e0c

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.