FC2ブログ

弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

このまま仮想通貨はなくなるのか

2018/02/09(金) 01:23:00

〈国際決済手段の進化の時期〉

私は、卒業論文のテーマは電子マネーになっていたかもしれないくらい、10年前には電子マネーの可能性を信じていた。(2000円札よりも可能性はあったかもしれないが。)
数年で、一枚の電子マネーのカード(あるいは携帯電話)があれば、世界の地下鉄やコンビニで決済が可能になると思っていた。日本の技術が、世界で活用されると信じていた。

しかし、決済の進化のスピードは、通信やIT技術の進化よりも遅い。


「apple pay」などの決済サービスは生まれてきているが、一枚の電子マネーがあれば、世界中で買い物ができる状況にはほど遠い状況である。

仮想通貨は、各国の規制などを吹っ飛ばすものとして、期待している人々が多いのであろう。

私はこれほど仮想通貨が世間の話題に取り上げられるとは思っていなかったが。


〈仮想通貨はITバブルと同じ運命をたどるのか〉

2000年初頭に弾けたITバブルを思い出せば、90年代終盤から00年代初頭にかけて収益を生み出していないIT企業の株価が、うなぎ登りに上がっていた。
しかし、ITバブルが弾けた後も、日本ヤフーやマイクロソフトなどのIT企業は、その後20年間生き続けて、現在の時価総額は数兆~数十兆円にもなっている。2000年頃には、収益を伴わない株価をつけていたとしても、20年後には収益の拡大が追い付いて、現在ではITバブルの時よりも時価総額が増えている企業があるということだ。

仮想通貨の中にも、競争を勝ち抜いて、現在の価格よりも高値がついている仮想通貨も将来的には存在しているかもしれない。

しかし、ITバブルを教訓とすれば、勝ち組が負け組から成果を総取りするくらいに、仮想通貨も多くの人が損する可能性がある。


〈多数の仮想通貨とそれぞれの理念〉

仮想通貨の発行理念が重要になってくる可能性がある。

仮想通貨の鋳造益を普及のための広報費などに充当する通貨もあるようだし、個人の決済手数料は無料にして、法人間取引のみに手数料を徴収する仮想通貨も出現するだろう。
Googleは、広告主の検索結果を上位に表示することを排除して、独自のアルゴリズムにより公平に検索結果を表示させようとしたし、利用者のために無料で地図ソフトの提供も行っている。
中国のアリペイは、中国でクレジットカードの普及が遅れていたこともあり、ウェブ上の信用決済手段として生み出された側面がある。不正使用には、補償することを確約して、信用を徐々に得てきた。近年では決済手数料が安いということで、リアル店舗でも急速に小口決済の使用が増えている。

ビザやマスターカードのように、世界中で機能する決済システムを普及できれば、数十兆円の時価総額がある企業になる。

世界標準となる仮想通貨の初期に投資すれば、莫大なリターンが得られても決しておかしくはない。



〈決済手段としての仮想通貨と為替制度の革命〉

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれるネットワークを利用したシステムを利用する。いわば決済のクラウド化をする。セキュリティを強固にするという条件をつければ、クラウド化すれば、任意のサーバーを使用するので、専用のサーバーを使用するよりも費用は安くなる。


いくら決済手数料が安いとは言っても、価値が日々大きく変動する仮想通貨で決済していては、直感的に利用しにくい。

しかし、為替の変動幅に限りなく近似していけば、仮想通貨で決済するメリットがでてくる可能性がある。為替の変動幅に近似させるには、通貨バスケット制度に近い制度になるだろう。中央銀行同士が巨額の資金を拠出して仮想通貨の価値を裏づけを与えることで、価値の変動は為替変動に限りなく近づく可能性がある。

仮想通貨の決済手数料が限りなくゼロになれば、裁定取引の手数料は限りなくゼロになるので、為替の変動に応じて、仮想通貨の価値も変動するはずである。

野口(2014)によれば、決済中に仮想通貨の価値が上下する問題に対して、オプション取引を利用すればよいと言っている。


一方で、固定為替制度の国は仮想通貨の取引を押さえ込まないと、固定為替制度が崩壊する可能性が高い。国が通貨の価値に著しく介入すれば、仮想通貨を通じた為替取引で、通貨の一方的な売りや買いを仕掛けることができてしまう。野口(2014)によれば、「規制と監視が必要」なのは、仮想通貨ではなく、国の通貨だとまで言及している。


仮想通貨には、中央銀行が参加することが自然なようだが、それまでにベンチャー的な仮想通貨が、決済量の多さから、市場の覇権を得ていてもおかしくない。官僚的なシステムにいらいらしている人々は多く存在しているのだから。


参考文献:野口悠紀雄 「仮想通貨革命」(2014年)


〈終わりに〉



誰もが好戦的な雰囲気の中で、人々の平和な暮らしを祈るってなかなかできないだろう?

力の均衡で動く世界から、

基本的な権利を尊重される神の子が、

基本的な規則に従って生業(なりあ)う世界に。

今日からオリンピックは始まる。



未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 日本は軽自動車の100%電動化をホーム全記事一覧NHK民営化検討を >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/553-c03a08e3

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。