弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

愛知万博

2005/03/25(金) 22:30:11

20050325223009

電車内>朝6時半頃山科付近から屋根に雪がうっすり積もってる。はじめは屋根が朝日で反射して白く写っていると思いましたよ。滋賀県冷え込みすぎ。
7時ころ滋賀県能登川付近で快晴の空から分厚い雲の中に突入。
すぐに吹雪き始める。横殴りの雪で、新潟のスキー場を思い出させます。電車のドアが開くたびに雪が入ってきます。
駅で電車を待つ人が震えているのが分かります。
こんなに雪が降るならかさを持ってきたらよかったと後悔。ブルブル
心配も無用だったのか米原の手前あたりで晴れました。
でも晴れながらも雪片が舞う寒い朝です。

万博>自分のなかで予想してたよりパビリオンが見れました。マンモスの氷結標本やリニアの世界。途中科学実習コーナーに強制参加させられました。幼稚園児に混じりセロハンを使った絵を書きました。30分近くかかり幼稚園児たちと遜色のない図画ができました。このせいでトヨタのパビリオン整理券をもらいそびれました( ~っ~) 予約をしなかったので待ち時間がとにかく寒かった(-.-)雪が舞い散っては快晴に戻るを繰り返す忙しい天気でした。3月下旬にも関わらず毛糸の帽子と手袋、カイロを持っていって正解でした。
パビリオンの待ち時間は20分~110分でしたが、僕らは40分待ちが最高に並んだことになります。整理券のゲットと予約の組み合わせでかなり待ち時間は短縮できそうです。その間は各国の展示を見るとよいでしょう。
万博なのに外国の展示をみれなかったので、次回は日帰りで行きたいです。終電近くに帰宅できそうです。話のタネにはなると思うので言って損はないとは思いました。
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:2
<< 愛知万博飲食店物価高問題ホーム全記事一覧旅行後の変化 >>

コメント

イベントでの待ち時間は当然(以下略)
URL|白夜 #-|2005/03/26(土) 01:11 [ 編集 ]

それにしても寒かったです。
主催者の想定の半分の入場者だったらしく、思いのほかたくさんのみれた感じはありました。
白夜さんは愛知万博開催にどうお考えですか。
URL|ハゲナルド #-|2005/03/26(土) 16:49 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/60-c7c669f7

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.