弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

2000円札流通促進委員会発足

2005/04/10(日) 15:29:21

諸事情により新聞記事風の書式となっています。

4日、沖縄県の業界トップを委員とする二千円札流通促進委員会が発足した。発行5年目を迎える今年に更なる普及を目指すために金融、観光業界などが手を組み2000円札普及を目指す。
2000円札は沖縄県にある守礼門が肖像として描かれており、沖縄県ではかねてから2000円札の普及が全国に比べ進んでいた。今後委員会としては、金融機関の供給体制整備、小売り・ホテル業界などへの2000円札使用奨励に取り組むとしている。

湖城英知委員長(沖縄都市モノレール社長)は「“守礼の邦”と刻まれている守礼門がデザインされた二千円札は平和希求紙幣だ。平和のメッセージを持つ紙幣の流通が沖縄から全国へ広がる意義は大きい」と力説した。
 また委員の安里昌利沖縄県銀行協会会長が「これまで銀行業界で取り組んできたが、今ひとつ盛り上がっていない。」と語るように、県内の調査では2000円札をつり銭用に常備しているホテルがわずか2割しかないなど普及意識に向上が見えないという事情があり、普及に向け業界全体で普及に取り組むことが期待されている。

 2000円札普及活動家のハゲナルド氏は、「沖縄では民が中心となって2000円札普及活動を進めていたが、個々業界の活動では限界があった。沖縄県そして全国に普及を進めるためは業界人たちが知恵を出し合うことは非常にいいことだ。」と述べた。 一方で「二千円札流通促進委員会」という名称については、ハゲナルド氏が開設するホームページに「2000円札普及実行委員会」という企画が存在し、また「2000円札流通促進委員会」という同音のサイトも存在するため独自性のある名称を付けるべきとの意見も述べている。


http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-1071-storytopic-4.htmlhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-997-storytopic-4.html
未分類記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 懸賞、大阪ドーム野球招待券ホーム全記事一覧愛知万博飲食店物価高問題 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://starsh2000.blog2.fc2.com/tb.php/62-7d8b09dd

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.