FC2ブログ

弐千円札パラダイス的ブログ

「2000円札パラダイスというサイトを開設しているハゲナルドの日常をつれづれなるままに綴る。

プロフィール

ハゲナルド

  • Author:ハゲナルド
  • 2000円札パラダイス管理人の20代男性(2010年6月現在)。
    全紙幣の1%未満の2000円札と出会うって幸運の予感!
    電子マネーと2000円札があれば事足りる社会はすぐそこに!?

    社会的提言を発信しています。社説カテゴリー
    ①限りある資源の有効活用!
    日本は世界有数の高い労働、資本コストだが、既存資産の回転(稼働)率を上昇させることで生産性は向上する。
    ②積極投資による日本経済活性化!
    国内の余剰資金は主に日本国債に流れているが、国は有効な投融資を行い海外の発展(世界総中流化)に貢献することで、国の経済成長につなげるべき。
    ③投機より投資による経済成長を!
    持続可能な経済発展を成し遂げるには価格上昇率(投機)より投資のリターンであるGDPの伸び率を高める(⊿GDP>⊿PRICE)必要がある。
    ④省資源社会実現による世界総中流化実現を!
    世界中流化で予想されるエネルギー不足には天然資源の買い占めではなく、人的資源を大量に使用する省資源社会の実現で対応する必要がある。(トーマス・フリードマン著「グリーン化革命」は必読あれ!)
    ⑤カジノ合法化、パチンコ課税賛成!
    ⑥自転車取得税の新設
    駐輪場確保、リサイクル促進、放置自転車撤去の財源に。
    ⑦多様なコミュニティに属することで幸福度を高めるサードコミュニティ論を提唱する。

最近の記事+コメント

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

ルミナリエ2015

2015/12/04(金) 22:26:50





第21回を迎えた神戸ルミナリエへ行ってまいりました。

今年はLEDで新しい装飾の見せ方を試していた感じでした。


来年の提案
・テーマ装飾コーナーの設置
「アニメ、生き物」などをテーマにした複数の個人アーティストによるデザインされたLED装飾の実施。企業寄付を増やすために、各展示に企業名を明示。1年で1度で装飾は廃棄するのではなく、使いまわしを含めて、毎年コーナーを増やしていくことも考えていく。会場に暗い場所はすべて作品で覆うというコンセプトで行う。

・入り口(元町)側の街路樹の電飾化
ルミナリエの通りに出るまで、暗い箇所が多い。徐々に期待が盛り上がっていく心理効果が必要。

・デジタルサイネージによる誘導スタッフの削減
夜間でも視認性に優れたデジタルサイネージの活用により、誘導スタッフの人件費を削減する。
また広報案内もデジタルサイネージの活用により、録音音声を積極的に活用する。
不足な事態に対応できるように遊撃的な警備体制を強化。

・案内ボランティアの導入

案内ボランティアの活用により、ガイドや写真撮影や外国人観光客に対応する。



公式サイトより

開催期間 : 2015(平成27)年12月4日(金) ~ 12月13日(日) 10日間
開催場所 : 旧外国人居留地および東遊園地
点灯時間 : 月~木曜日 18:00頃 ~ 21:30
        金曜日 18:00頃 ~ 22:00
        土 曜日 17:00頃 ~ 22:00
        日曜日 17:00頃 ~ 21:30
開催趣旨 :
阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくとともに、まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に開催する。
日常記事全文トラックバック数:0コメント数:0

量的緩和に重視すべきは、インフレ率ではなく金利と経済成長率

2015/10/15(木) 12:14:14

〈リスクプレミアムに寄り沿う金融政策〉

すぐに逃げ出す人、立ち尽くす人、勇敢に戦う人、逃げ遅れた人、事態が少し沈静化したら逃げ出す人。

金融市場にもいろいろな人がいる。その総意ではなくとも、出席した人が価格を決めるのが、市場である。

市場を動かしうる人で毎日株価をチェックしている人はどれほどいるであろう。


「あと一年で地球が消滅する」と信じている人、「あと3年は財政赤字を垂れ流しても経済は大丈夫」だと思っている人、「10年後は日本は破たんする」と信じている人、「2次世界大戦でも株はなくならなかったのだから50年後も大丈夫」と思っている人。


「株などギャンブルだ」という人もいれば、「株が紙くずになれば、貯金も紙くずになって意味ないはずだ」と考える人、「配当があれば何年後には何割下がっても元本は割れない」と考える人、「新興企業が急成長して数百倍に株価になればいいな」と考える人。

神のみぞ知る未来を、恐怖に感じる人もいれば、楽園と感じる人もいる。

同じ事象でも人が違えば反応は違うことはある。特に不確実性に対しては人の反応は違う。


金融危機になり、「地球が一年後になくなる」と考える人しか市場にいなければ、「半年間お金を貸してくれ」と言っても「半年で2倍にして返してくれ」と言われるであろう。



株で儲けたと友人3人から自慢されると対抗心で株を買おうと思う人。配当が3%を超えると株を買うと決めている投資家。3度の株価の暴落があると、しばらく相場は回復しない諦めて投げ売りする人。

金融機関は損切りラインを設定しているし、為替取引では強制決済ラインがある。プログラムミングでロスカットするシステムは投機的取引機会を提供する。

人によって動き出す速さは違う。人々が行動を動機する動点(moving point)はもう少し研究に値するであろう。

リスクプレミアムが高まりにより、金利が不当に高くなったときには果敢な行動が必要とされる。
困ったときに寄り沿うように手を差し伸べる金融政策が必要である。



〈GDPとストックの関係〉


これはストックから生まれるGDPの関連図である。
STOCK÷GDP=国家の益回りである。リスクプレミアムを加えたものが最適な金利である。
なおインフレはストックとGDPが同等に変化すると仮定すると、その影響は無視できる。

生産性を上げることが金利を上げることにつながり、インフレにつながる。

いま量的緩和により、資産インフレを促すことにより、GDPを上げることを主眼に政策が暗黙上されている。

しかしストックだけを膨らませてGDPが増えない場合、均衡金利は下がる。株価などのストックが増えたからといって、GDPが上がらない場合は金利は上げることが、最適とは言えない。


〈ストックインフレ率〉

多くの中央銀行は量的緩和をインフレ率を高めるために行っている。

量的緩和は期待成長率が下がった状況では出口がなく常に継続されることになるであろう。だれも損せずにインフレを起こし続けることを考案できれば別であるが。たとえばインフレで得する人から損する人への所得移転などもよいだろう。

量的緩和はリスクプレミアムが高まり、期待成長率が下がるような経済環境で、長期金利をその分だけ引き下げるための措置とすれば当然賛成できる部分はある。

リーマンショックの時は財政支出を除いた期待GDP成長率の大幅な低下により、リスクプレミアムを除いた長期(均衡)金利が多くの国でマイナスに陥ったので、果敢な行動が必要となったのであろう。

ゼロに近いインフレ率から急にインフレ率を上げるには、ストックインフレは数十%必要であることが、近年の量的緩和でわかっている。株価が2倍にしても期待したインフレ率には届かない。むしろ短期間で経済指標が付いてこないので、株価が急落の恐れがあり、この株価の急上昇の持続性はない。

ストックインフレ率が、あまり上がり過ぎないように量的緩和のペース配分は考慮すべきである。

株価が2倍になったら株価が2分の1に急落してもおかしくない。
インフレになる前に株価がピークアウトしてしまう。

私の意見であるが、ほぼ同意義だと思うのだが、期待インフレ率ではなく期待成長率を主として金融政策を判断できないのだろうか。経済成長率が2~3%ある先進国が、インフレではないからといってこぞって金融緩和をするのは、普通に考えれば国内の収入が毎年2~3%増えており、債務負担は軽くなっているはずなのに滑稽な話である。

国債を買い取る金額や為替水準が金融政策の目標指標になっていることはあまり好ましい状態ではないと思う。私は経済成長率と金利の目標に対して金融政策を行うべきだと思う。また、市場はいずれは正しい方向に向かうはずなので、矯正していくのではなく、寄り添うような政策を取るべきだと思う。

長期金利を過度に未来に不安に思う人に支配されないような金融政策が必要であろう。

ストックインフレ率に注意を払いながら、GDPの伸び率なかでも、賃金などの労働配分率と総額の伸び、消費総額の伸びには特に注意すべきだ。消費のマインドが嬉しい方にインフレに向かうべきである。

また流動性が高い資金は国際的にも流動しやすい。高い所のダムより低い所のダムの方が、流れを塞き止めるエネルギーが必要である。これと同じように資金量の多い先進国が流動性資金を絞ると、新興国が流動性を確保するには多大な力が必要である。新興国の流動性確保へ時間を確保するか、流動性を支援するかは、川上の先進国の責務である。

〈超低金利が招く投機的取引〉

超低金利政策により安全資産である国債などの債券よりも、株式などのリスク資産が選好されやすい状況にある。

しかし個別株式で短期的な利益をあげ続けることは難しい。それよりも常に動き続ける市場のマクロのトレンド を読む金融商品に人気が集まる。つまりFXやオプション取引、指標に連動するETFなどの金融商品である。しかもレバレッジのある金融商品が流行する。

金利が1%から0.5%に半分になっても差は0.5%しかなく人々はあまり注目しない。
同じく6%から3%に下がると3%も差があることに比べて。

しかしレバレッジ商品はそのボラティリティそのものがターゲットなので、金利が半分になることは例え超低金利であってもトレンドに大きな影響を及ぼすのである。

保有する安全資産が金利を生まない状態では、このような金融商品が選好されるのである。

しかも超低金利なので、このようなレバレッジ商品を高レバレッジで保有していても超低金利で取引を維持することができるのである。
超低金利で企業の借り入れが増える以前に、投機的レバレッジ金融商品の残高が爆発的に増えてしまっている状態が生じている可能性がある。



〈超低金利からの利上げ方法〉
短期金利の利上げによる投機的取引の縮小による一方的なトレンドを下げる効果が期待できる方法として、利上げ幅制限を定率的にパーセンテージで操作する方法が考えられる。0.1%ずつなど定量的に増やすのでなく、上昇率制限として10%など定率的に引きあげるのである。

一般的な住宅ローンでも、どんなに金利が上がっても返済額が20%前後を一定期間超えないようになっている。借入額や収入を無視して、金利が上昇すると一律に5万円を限度に返済額が増えますとはなっていない。

はじめはゆっくり、徐々に加速度的に金利が上がるイメージである。場合によっては定率と定量を組み合わせて利上げしていくことも検討していくべきであろう。
予め期間内の利上げ幅の上限を予告しておいても金利の急騰や株価の変動率を緩和する可能性がある。

このことにより超低金利からの引き上げによる市場関係者のマインド変化を順応的に行うことができる可能性がある。



〈固定資産の準貨幣化によるマネーサプライの拡大〉

個人または法人が不動産などの資産を担保に金融機関が融資を行う際に、中央銀行が融資の資金を金融機関に貸し出す。

特に安全資産である国債などの有価証券の購入を民間部門の固定資産を担保にして促すことにより、長期金利を下げる。

有価証券は信託銀行に預託して、利子、配当のみを固定資産保有者に支払う。

中央銀行が保有することに比べて、国債が間接的に民間資産を裏付けに発行されることになる。

さらに購入できる有価証券の種類を増やしたり、無担保に近い貸付を行える可能性がある。
金融緩和政策の限界に達した時には有効な手段かもしれない。

経済が成長している限り、金融政策はいくらでも取りようがあるのである。


リスクプレミアム高まりや期待収益率の低下が続き、政府がリスクプレミアムなしの超低金利で資金を調達して経済成長率がマイナスならないように財政支出している。

GDPの伸びが収入の伸びに直結しない現代では、金融資産による利子・配当などを幅広い人が享受できるようにするべきである。
いまと過去では、利子・配当受取収入の中央値はだいぶ下がっているのではないだろうか。
非安全資産を持ちたくても持てない、資産をあまり持たない多くの家庭の預金の利子がゼロになり、資本家の配当収入は上がり続ける。

超低金利政策は雇用者を増やしているかもしれないが、犠牲も払っているのである。

〈ソーシャルサービス業による経済成長の限界の突破〉
消費者向けのインフレを金融政策に頼らずに継続的に起こすなら、家事、医療、介護や子育てのサービス業拡充を起こすべきである。そのような分野を家庭だけで面倒を見るのではなく社会全体で面倒をみるという革命が起こったときに低成長を抜け出すことができるであろう。

服などは千円でも数年着れるが、外食は一回で千円が消える。いまの子どもは塾に皆のように通うが月謝は1~2 万はかかるであろう。日本のインフレ率を見ていても、公的関与の大きい保健分野に比べて、教育分野のインフレ率が高くなる傾向にあるようである。

無理に出費する必要はないが、よりよい未来のために、人々がお金を落としたくなる産業の創造が必要不可欠なのである。こうしたソーシャルサービス業は個々のニーズによるオーダーメイド型であり、人件費率の高さと雇用創造力は非常に魅力的である。
このような産業は創造不可能なのかといえば、可能である。対極をなす産業といっていいIT産業や省力化産業との組み合わせの問題であり、対極をなす産業同士の人材の交流が不足していることが原因と感じずにはいられない。

国の規制だけ満たしていればいいというソーシャルサービス業から、個々のニーズを満たすソーシャルサービス業へ変化することを国は後押しすべきである。

ソーシャルサービス業の拡充が経済成長の限界点を超える経済革命の1つとして、歴史の教科書に刻まれる日は来るであろうか。

残念ながらながら日本の社会保障政策が悪い意味で社会主義的政策であり、社会保障政策に民主化革命を起こすことが必要であるが。


社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0

コスモス 万博記念公園

2015/10/14(水) 18:49:23



久しぶりにモノレールに乗って万博記念公園へ。


先頭の優先席は最高のビューです。
モノレールは10数年前より乗客が増えたように感じます。彩都線も夕方は混みますね。
モノレールは編成の伸長があってもおかしくないくらいでした。
エキスポシティやガンバの新スタジアムもできるので万博公園は注目です。



太陽の塔もいい感じです。



コスモスの花畑が250円の入場料で楽しめます。


メルヘンな感じで写真を撮影を楽しんでいる方が多いです。
丘でピクニックができます。花の量は多いですが密度が少ないようにも感じます。見せ方に工夫ができそうです。




平日でしたがわりと賑わっていましたよ。
万博公園も久しぶりにいくと広大で楽しめます。

万博公園は内部も駅前も公園の外郭団体の売店しかないのは時代遅れですね。しかも自販機の飲料以外は割高です。
持ち込みをお勧めします。

コスモスの花畑がある花の丘は公園の西口が近いので、阪急千里線山田駅から歩いて万博記念公園西口にいけば、割高なモノレールに乗り継ぐ必要がないため大阪市内から安く行けそうです。今度試して見ようと思います。



万博記念公園 コスモスフェスタ

2015年10月10日~11月3日
9:30~17:00(入園は16:30まで) ※期間中無休


開催場所
大阪府吹田市 万博記念公園 自然文化園 花の丘

料金
大人250円、中小生70円
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

マレーシア

2015/10/03(土) 14:41:24


LCCでマレーシアへ。クアラルンプールへは6時間ほどです。



ペナン島へ向かいます。マレーシアのバスは時間通りに出発しません。人がある程度入ったら出発のようです。
5~7時間かかります。座席は3列シートです。冷房強めで照明はほぼ付けません。



道中はヤシ畑とジャングルです。途中イポーで停車します。


バスターミナルから島内バスに乗って、世界遺産ジョージタウンにつきました。途中のバタワースで降りてフェリーに乗り換えた早かったですね。


砲台と海



歴史的建物と寺社



花屋さんとイスラム寺院



中華街とモスクの塔



無料循環バスが走っていたのですが、あまりにコンパクトに歴史的建造物が集まっていたので結局利用しませんでした。
トムヤムクンの昼食、飲料を含めて15RMほど。



お土産街、バンビーノが現地の歌唱大会で歌っていました。



帰路へ。
マレーシアではバスの電灯をつけてくれないことが多いです。終点でも点けないので忘れ物に注意です。
一応ペナン大橋を渡っている写真です。
ペトロナスツインタワー。


夜はなお良いです。常夏、物価が安い、ショッピングセンターも多いしマレーシアは過ごしやすいです。
お酒は高いです。


ヘイズという煙霧がすごかったです。インドネシアの焼畑や森林火災が原因で、呼吸器が弱っている人は危険レベルとのこと。
太陽が月みたいな感じです。植物が光合成できているか心配になります。
ともあれ帰国。
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

エコ免税

2015/09/09(水) 15:30:24

日本は消費税を8%から10%に2017年4月に上げることが予定している。
増税は財政再建のために使用されるため、経済のパイは小さくなることは確定している。
日本は毎年GDPの10%近い財政の支出を行っていて、ゼロに近いプラス成長しかできないので、単純には財政赤字を削減した分だけGDPが落ち込む。放漫財政は恐ろしい話である。

さて、軽減税率の話である。食料品で導入するならば追加でエコ免税を行ってほしい。
海外旅行者は消費税の免税幅を増やそうという議論がある一方、日本人は免税を受けられないことへの批判もある。

政府が認めたエコ製品には消費税10%の免税を行う。車や太陽電池など住宅に付随する設備、工業製品なども含む。
省エネ住宅ポイントやエコポイントやエコカー減税などを統合しており、経済効果は幅広い業界波及することが期待される。
あわせて財源確保のためエコカー減税や法人のエコに関連する即時償却の縮小廃止を検討すべきある。

市場規模は詳しくはわからなかったが、10兆円の市場規模として、単純に1兆円規模の減税を時限的に行う。それなら消費税を1%減税しろよと言われるかもしれない。
しかし私は日本はエコを通じた世界最高の生産性で国際競争を勝ち続けることが必要と考える。
教科書的に心配される国際収支の赤字による歯止めの利かなくなる円安対策にもなる。

日本に必要なことは、今日のメシよりも明日のメシであり、小さい買い物より大きな買い物である。



エコ免税概要
対象製品:
政府が指定する仮称・エコロジーマーク製品(グリーン購入法の拡大)
従来品に比べてランニングコストで一定以上の削減効果があり、価格差以上に投資的にも、エネルギー的にも効率的な製品であること。

最低金額:制度簡素化のため合計1万円以上

免税方法:政府の指定する方法

財源:各種エコ減税の縮小廃止と将来的な資源関係税の増税(エコ免税とセットで法制定することが望ましい)

追記9月10日

環境関連産業の市場規模:環境省のまとめによると2013年の国内環境関連産業市場規模は約93兆2870億円。
http://shiraberu.ws/entry/2015/08/20/190515
社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行最終日

2015/09/09(水) 15:16:11

乗り継ぎ地のニューヨーク到着です。ペルーに比べて寒いです。遠くに高層ビルが見えますね。
P3040688.jpg

この店で朝食です。
P3040691.jpg

機内食も食べましたが、足りません。この旅では人の分まで食事をしていたせいか、食が太くなりました。
P3040690.jpg

再建設中のワールドトレードセンターです。
P3040692.jpg

自由の女神が見えるスポットへの移動です。
本来は向こうの島まで渡ることもできるのですが、ハリケーン被害のため見学できませんでした。ニューヨークに来た感じがします。
P3040700.jpg

そして一行を乗せたバスは、エンパイアステートビルへ
P3040706.jpg

摩天楼の町並みを通り過ぎる。
P3040709.jpg

バス車中からモノポリーなどで登場するエンパイアステートビルが見えます。
P3040710.jpg

今回はエンパイアステートビルに入場します。入場料金は、いいディナーが食べられる金額です。
P3040712.jpg

外からも景色を堪能できるのがいいですね。
P3040713.jpg

マイナスに近い気温で、風も強いので、2~3分しかいられなかったですけど。
P3040717.jpg

マンハッタン島
P3040719.jpg

P3040721.jpg

ハドソン川が広がります。
P3040722.jpg

自由の女神像も見えるんです。
P3040723.jpg

塔の上は電波塔になっています。
P3040724.jpg

摩天楼はやはり感動します。
P3050730.jpg

あっという間に地上に。
P3050731.jpg

装飾も手が込んでおり、感動です。
P3050732.jpg

この建物が1930年代の世界恐慌中に建てられたことが、信じることが出来ません。
P3050733.jpg

これで旅の工程は終了です。日本に帰国です。
P3050734.jpg

名残惜しいです。
P3050738.jpg

乗り継ぎの疲れもあり寝てしまいました。この写真が最後の写真です。
P3050740.jpg

すばらしき全9日間の日程でした。
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行7日目リマ最終日

2015/09/02(水) 17:11:34

本日はペルー最終日で、深夜に乗り継ぎ地のニューヨークに旅立ちます。
P3030605.jpg

朝のミラフローレス。早起きして一人歩いてみました。
P3030606.jpg

清清しいです。
P3030607.jpg

この場所はかなり気に入りました。
P3030608.jpg

絶壁と海と街、こんなに調和した街は日本にはないです。
P3030609.jpg

朝食後はバスに乗り込み、アルマス広場に。
P3030615.jpg

大統領官邸もある。国家の中心部です。
P3030616.jpg

P3030617.jpg

P3030619.jpg

P3030622.jpg

P3030625.jpg

バスはリマの古代遺跡に向けて出発です。
P3030627.jpg


P3030626.jpg

P3030628.jpg

砂漠の住居はスラム街みたいです。
P3030635.jpg

キリスト像が南米です。
P3030636.jpg

リマから一時間ほどでパチャカマック遺跡です。
P3030637.jpg

期待していたより大きいです。遺跡がいくつかあるのですが、外が砂漠で暑いのもあり、隣の遺跡までもバスで移動です。
P3030638.jpg

インカ文明の遺跡です。
P3030639.jpg


P3040641.jpg

遺跡の隣まで住居が進出しています。エジプトのピラミッドと雰囲気が似ています。
P3040646.jpg

リマは遺跡が多く、ここではないですが、世界で一番古い文明の遺跡として近い将来に教科書に紹介されるとガイドさんが説明していました。
P3040649.jpg

P3040650.jpg

P3040653.jpg


歩く気が失せますけど、この後30分くらい歩くことになります。
P3040664.jpg

P3040662.jpg

神殿みたいのが出現しました。
P3040668.jpg


ガイドが案内しながら、神殿を案内するようです。
P3040667.jpg

P3040673.jpg

結構高低差がありあす。
P3040672.jpg

毎日ウォーキングが趣味という、いけている老夫婦が先頭を歩いていました。元気です。
P3040676.jpg

いやー砂漠、暑いです。
P3040677.jpg

バスに足早に乗り込み、出発です。
P3040679.jpg

マーケットなどペルーの町並みも最後です。
P3040680.jpg

近代建築の美しさと古代文明の精巧さ、砂漠と海と高山都市、さまざまな表情を見せてくれるペルーは一つの国を旅行をしたとは思えないくらいの、印象深さを与えてくれました。

冬の日本を離れ、温暖なリマは、本当に凍っていた心を溶かしてくれます。

名残惜しいですが、空港に着きました。ニューヨークに向けて出発です。
P3040684.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行6日目

2015/09/01(火) 15:35:18

早朝クスコの空港を出発して、リマへと向かいます。
P3020509.jpg

花で飾られた歴史博物館
P3030511.jpg

P3030510.jpg

P3030512.jpg

P3030513.jpg

P3030514.jpg

P3030515.jpg


インカ文明は文字がなかったと言われていますが、これが記録に使用されていたようです。
P3030522.jpg


金属の装飾品も展示されています。
P3030524.jpg

P3030525.jpg

P3030526.jpg

P3030529.jpg

P3030527.jpg

インカ文明は医学にも優れており、外科手術をしていたといわれています。
P3030532.jpg

P3030537.jpg

P3030538.jpg

博物館を後にします。
P3030541.jpg

リマの町並みはきれいですね。
P3030542.jpg

P3030544.jpg

P3030545.jpg

P3030546.jpg

P3030547.jpg

新市街ミラフローレス
P3030551.jpg

海岸沿いは高級リゾート地を思わせます。
P3030553.jpg

ガイドブックには必ず載っている有名な像です。
P3030554.jpg

P3030555.jpg

P3030557.jpg

崖沿いには霧が立ち込めてきました。
P3030558.jpg

2月ですが、寒くはないですよ
P3030559.jpg

P3030560.jpg

P3030561.jpg

P3030563.jpg

P3030564.jpg

霧がすごいです。
P3030567.jpg

P3030569.jpg

すこし移動すると晴れていて果物もおいしそう
P3030570.jpg


こちらはお土産店
P3030573.jpg

P3030579.jpg

P3030577.jpg


昼ごはんです。
P3030580.jpg

その後は夕食までフリータイム
P3030581.jpg

もう一度海岸沿いまで15分くらい歩きます。
P3030582.jpg

夕方の散水
P3030584.jpg

この場所は気に入りました。
P3030585.jpg

ショッピングモールも崖沿いにあり、高級そのもの。
P3030588.jpg

近づいてきました。
P3030589.jpg

ガイドもお勧めのミラフローレスの夕日。
P3030592.jpg

P3030594.jpg

P3030595.jpg

P3030599.jpg

P3030602.jpg


夕日が綺麗でした。ペルーの料理は異国料理だけどおいしいです。
夕食を食べた後は、スーパーに買い物行きました。
P3030603.jpg
旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ペルー旅行5日目後半

2015/08/31(月) 22:11:07

この日、マチュピチュ駅に降り立ちました。世界遺産マチュピチュはまだ山の上。

P3010356.jpg

お土産街やお店など小さな町になっています。
P3010358.jpg

マイクロバスに乗ってくねくねした道を行きます。
P3010364.jpg

山の中に入っていきます。
P3010366.jpg

20分ほど走ると、遺跡がありそうな雰囲気が漂います。
P3010379.jpg

バスを降りて階段を上っていきます。軽い登山です。
P3010381.jpg

P3010380.jpg

世界遺産マチュピチュに到着です。
P3010385.jpg

雨が多かったのですが、なんとか霧が覆うこともなく、雨も降っていません。
P3010387.jpg

P3010387_20150831183735314.jpg

P3010389.jpg

P3010392.jpg

P3010394.jpg

マチュピチュ遺跡にはいっぱい動物がいます。リャマだったと思います。
P3010395.jpg


マチュピチュにくるために地球の裏まで遥々きました。いくら写真を撮っても撮り足りないです。
P3010397.jpg

P3010398.jpg

P3010399.jpg

P3010400.jpg

P3010401.jpg

P3010403.jpg

隣の山まで行けば、マチュピチュを上から見ることができます。でも今回は滞在が3時間。いけませんでした。
P3010405.jpg

動物がいると癒されます。
P3010407.jpg

この蝶か蛾も人懐っこくて動きません。
P3010409.jpg

P3010415_201508311859177d9.jpg
下を見ると棚田にように遺跡が残っています。
P3010416.jpg
遺跡の下は渓谷になっています。


P3010417.jpg

はいチーズ!
P3010418.jpg

P3010419.jpg

P3010420.jpg

P3010422.jpg

P3010423.jpg
ベストショット!
P3010424.jpg

P3020425.jpg

P3020429.jpg

P3020428.jpg

P3020426.jpg

P3020430.jpg

P3020431.jpg

P3020432.jpg

P3020434.jpg


P3020435.jpg

P3020436.jpg

P3020437.jpg

P3020442.jpg

P3020443.jpg

P3020447.jpg
ガイドの案内で遺跡内部を散策です。
P3020449.jpg

P3020452.jpg

P3020451.jpg

P3020453.jpg
チケット事務所付近まで下山してレストランで食事をします。
P3020455.jpg

P3020456.jpg
食後もう一度遺跡へ
P3020457.jpg

P3020458.jpg

P3020459.jpg

P3020460.jpg

P3020462.jpg
ふもとまでバスで下山。激流の川
P3020463.jpg

P3020464.jpg

P3020466.jpg
帰りも電車で移動です。
P3020465.jpg

P3020467.jpg

P3020468.jpg

P3020470.jpg

P3020471.jpg

P3020477.jpg
ここからは車窓の写真です。
P3020480.jpg

P3020482.jpg

P3020484.jpg

P3020485.jpg

P3020487.jpg

P3020488.jpg

P3020489.jpg
豚も放牧です。ほのぼのします。
P3020492.jpg

P3020493.jpg

P3020495.jpg
目的地に到着。川沿いを走る車窓がすごく楽しいかったです。
P3020496.jpg

P3020499.jpg

P3020500.jpg

P3020501.jpg
ホテルに到着。植物園の庭園かと思うくらい花が植えられていました。
P3020503.jpg

P3020506.jpg

P3020508.jpg


旅行記事全文トラックバック数:0コメント数:0

共通通貨における国債保険の導入

2015/08/27(木) 13:34:54

〈共通通貨〉
ユーロは経済力の弱い通貨も統合することにより、規模の拡大を図ってきた。
先進国にとっては通貨高を抑える要因となり、その他の国にとっては金利の抑制やインフレ率の抑制につながっている。
決済に関する利便性以外にも、両者にとって利害があり、簡単にはユーロを抜け出せない要因となっている。


無秩序に国債を発行し続ける先進国の通貨よりも健全なのに、ユーロのシスメカリズムな運用が、批判されるのもおかしいと感じる。
しかし、ユーロが低信用国の 危機を招いたことは反省し、改善する必要があるし、後始末が長引いていることも大いに反省するべきである。

〈ギリシャへの対応策〉
ギリシャ危機に関しては、債権者が多いように感じる。全ての債権をユーロ加盟国が一旦買取るくらいのことをして、金利低減や長期化を含むテクニカルなデフォルトを行い、債権整理後に新しいギリシャ国債を発行するべきだ。ギリシャがユーロに残留したいという希望があるかぎり、話し合いには応じるべきだが、残留ありきでもない。

EUは国債保険を導入するべきである。
ユーロ加盟国はユーロ建て国債の発行残高に対してデフォルト保険料を毎年支払う。
信用度により保険料を変えるなどの工夫が必要であろう。

今回のデフォルトに対して発生する損害も遡って保険金を支払うべきである。同時にギリシャには粉飾の罰金を課すべきである。
EUは金融取引税よりも国債保険制度の導入を促すべきである。

またCDSの過剰な引き受けをしていた金融機関を調査して、場合により罰則を課す必要がある。CDSの引き受けの規制も合わせ強化すべきである。大きな銀行をつぶせないことが、今回の騒動を長引かせる要因となっている。


〈難民・移民〉
他経済圏からの移民問題に関して、国際機関や国内の立法機関や行政機関が、100%の移民の受け入れを指示や命令しない限り、移民上限を設けることは現状では致し方ないと思われる。

一方で、難民の発生数は過去最大規模となっており、具体的な対策が求められている。

イスラム系の移民難民に関しては、安全と自由が保証されたイスラム圏の国に送還できるような協定を結ぶことが比較的問題の解決になる可能性がある。具体的には、ヨーロッパに比べ、物価の安く、失業率が低位な国へ送還が考えられる。
もちろん移民難民を送還を受け入れる国には街造りや職が見つかるまでの資金提供を行う必要がある。具体的には50億ユーロを超える額を難民移民問題解決のためにEUは投じるべきである。

〈ユーロの今後〉
ギリシャ問題が早期に解決されるべきである。しかし他通貨に比べてユーロが通貨高になる可能性が高い。
失業率や物価などを域内国間で調整できるような政策を推進していくことが大きな課題である。

民間を含めて大規模な投資を支援する仕組みを強力に推進していくべきである。


社説記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

このブログをリンクに追加する

資源の有効活用2000円札の利用促進

ツイッター

PR

ブログ内検索

検索したい記事を検索します。

RSSフィード

フリーエリア

Powered by RSSリスティング

Copyright(C) 2006 弐千円札パラダイス的ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。